スポーツ

日本のフィギュアスケート選手が北京で開催されたオリンピックのテストイベントで優勝| スポーツ

北京(AP) – 日本のかぎ山ユマと三原マイアジアオープンフィギュアスケートイベントで男女シングルス優勝を獲得した。

18歳の世界銀メダリストであるかぎ山は2022年の北京オリンピックのテストイベントでフリースケートで179.98点、合計277.78点を記録した。

Kagiyamaは徹夜先頭を守りMiharaは金曜日女子部で同胞のKaori Sakamotoに追いついた。

Kagiyamaは優勝にもかかわらず、彼のプログラムが完璧ではないなかった言いました。

彼は共同通信に「総合的に見れば、問題が多かった。 「私は今シーズンから無料のプログラムに新しいクワッドループを追加しクワッドループを台無しにすると、他のクワッドジャンプではまだよくすることができる程度に改善したいと思います。」

ミスが少ないプログラムで三原はキャピタル室内体育館で135.75得点、総203.58点を記録した。

Miharaは「私は前日ほど緊張していない。「最初から最後まで集中力を失うことなく、スケートを乗ったが、ジャンプするたびに精度を高めたいと思っています。」

厳しいCOVID-19の措置が実施されており、すべての参加者は、競争の泡にとどまっている必要があります。

9月末、IOCと北京オリンピックの関係者は、2月4〜20日の大会で完全に予防接種をしていない選手、関係者、労働者に対して、21日間の隔離があると明らかにし、予防接種を受けた人のために毎日検査もあるだろう言いました。 中国以外の地域に住んでいる人にはチケットが販売されていません。

READ  Jamie Josephはラグビーチャンピオンシップが日本の「究極」と言ったが、まだ数年が残りました

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close