トップニュース

日本のフィリピンのコミュニティは、根を下ろしホステスの起源を通っていきます。

“フィリピンパブ」でホステスとして働くために、女性が到着してから約40年が経った今、フィリピンのコミュニティは、日本で最も根を下ろしているコミュニティの一つとなったが、まだほとんどの女性に残っています。

フィリピン人は中国人、韓国人、ベトナム人コミュニティに続いて4番目に大きな外国派遣隊であり、多くの人々がここで生活することにしました。

クラシエニティが日本で働くために募集したフィリピンの家政婦が2020年6月のオリエンテーションに参加します。 (写真提供:Pasona Group Inc.)(教徒)

法務部が2020年6月現在発表した資料によると、日本に合法的に居住しているフィリピン人282,023人のうち132,551人(約47%)が永住権を持っているが、これ外国人全体の28%よりもはるかに多くの数値です。 一方、女性は、全体の約70%を占めて35歳以上は約84%に増加しました。

現在のコミュニティのプロフィールは、主に日本の男性と結婚した後、滞在している全愛人を代表する東京大学の研究准教授であり、教会関連の活動を組織するフィリピングループやコミュニティの集まりの議長であるMaria Carmelita Zulueta-Kasuyaは言いました。

しかし、同時に、フィリピン人は日本社会に進出し始めており、現在、多くの人々が介護者または英語補助教師として働くか、またはホテル、スーパーマーケットや工場でアルバイトを選択します。

1991年早稲田大学の研究生として日本に来た56歳のKasuyaは、日本は、フィリピンとの相対的な近接性、強力な通貨と優れた生活の質とにより、海外で仕事しようとするフィリピン人に人気のある選択だと言います。

Maria Carmelita Zulueta-Kasuya、東京大学の研究准教授であり、フィリピンのグループやコミュニティの集まり議長。 (写真提供:Maria Carmelita Zulueta-Kasuya)(教徒)

1980年代半ばから2005年まで、ほとんどのフィリピン人は、愛人に働くためにカバーとしてエンターテイナービザを受けました。 2004年頂点に達したとき80,000人以上のフィリピン人がこのように日本に入国しました。

しかし、2005年に政府は、米国国務省が発表した報告書に基づいて、これらのビザの乱用が人身売買を促進することが確認された後、芸能人ビザ発給のためのルールを強化しました。

それ以来、愛知県中部の大学で国際関係学を専攻した中島御所によると、そのようなバーの運営者は、偽の結婚に依存して、女性を連れて来る傾向があるそうです。

中島(32歳)は、彼の本で “フィリピンパブの女性の社会学」で英語に緩く翻訳され、日本人の”夫 “は、通常のバーの管理者の顧問であるブローカーの助けを借りて、偽の結婚をする方法を詳しく説明しました。 外観を維持するために、毎月約50,000円($ 480)をお支払いします。

ブローカーと女性のテーブルの下に契約は、一般的に3年から5年の間持続され、月給は60,000円であり、1ヶ月に2日休む。

女性が毎日の販売目標を逃す罰金が差し引かれ、外出をしたいときにブローカーに許可が必要です。

しかし、中島は女性が一般的により良い生活のために過酷な条件に耐える準備ができていると言う。

彼は「多くの女性が仲介との契約を終えて、偽の夫と離婚し、日本人の恋人と結婚して、在留資格を再変更して、フィリピンパブでフリーランスを続け働いている」と述べた。

日本の様々な政府協定や法律改正で、フィリピン介護と家政婦たちが登場しました。 労働部によると、2019年現在、フィリピンで約588人の看護師候補者と2,004人の介護者の候補が日本 – フィリピンの経済パートナーシップ協定に基づいて、2008年に作られた後、日本に入国した。

一方、2015年に改正された国家戦略特区法に基づいて東京、神奈川県、大阪市で外国人労働者が提供する歌詞のサービスの制限が解除されました。

このような動きにより、日本の人材派遣会社であるPasona Group Inc.は、フィリピン大手Magsaysayの子会社であるMagsaysay Global Services Inc.と協力して、2016年に専門的なクリーニングサービスを開始しました。

Kosho Nakashima、author of the book」Firipin pabujo no shakaigaku」(The sociology of Philippine pub women)。 (Photo courtesy of Kosho Nakashima)(Kyodo)

Pasonaの部長であるMakiko Sawafujiは「日本で歌詞のサービスの概念が徐々に認識され、フィリピンメイドの仕事の機会が増加しています。」と言いました。

「Kurashinity “として知られているこのサービスは、東京と近隣神奈川県の自宅で家政婦として働くフィリピン人を募集します。 合格者は、フィリピンからの2カ月前に、日本語と文化のコースを含む教育と日本到着後に追加で1ヶ月の実務教育を受けてください。

Sawafujiによると、現在までに約13,000人のフィリピン人がこのプログラムに対応ヘトウミョイの約500人がインタビューを進行しており、約100人が提案を受けました。 去る3月法改正に基づいて、フィリピン、インド、日本でメイドとして働くことができる期間は3年で最大5年に増えました。

男性の場合、就業の機会が改善されました。 ほとんどは、過去に建設分野にあったが、「ここ数年の間に高度に熟練した技術者とITコンサルタントとコンピュータの専門家が増加しました。」とKasuyaは言いました。

政府資料によると、2020年6月現在、日本には8,407人のフィリピン人が「エンジニア、人文学の専門家、国際サービス」ビザの状態で、10年前に比べて約3倍に増加しました。 日本社会でのフィリピン人が、さまざまな役割を果たしているおかげで、男女比率も35歳未満のバランスを成​​しています。

年齢や職業に関係なく、ほぼすべてのフィリピン人に共通のは、強いカトリックの背景です。 これは共同体が、教会を中心とする傾向があることを意味します。

特にフィリピン人女性の場合GFGCと同じ信仰ベースのグループは、Kasuyaが “フィリピンを健全に維持してジャグリングの仕事と家族の責任の日常的な課題で生き残ることができるように手助けする」と言った強力なサポートシステムを提供しています。

2014年からカトリック東京国際センターと一緒に仕事をするように任命された宣教師であるエドウィンコロス花嫁は昨年、彼の英語礼拝を助けた教会でミサに来る外国人教区民の約95%をフィリピン人が占めたと言った。

“(ピリピノ)は、一般的に本堂の様々な前例の働きでボランティアとして奉仕するのに、外国人コミュニティのメンバーが多くない傾向があります。」と59歳の彼は言った。

Kasuyaはこの教会は、外国にいる間にも、同じ信仰を共有し、「安全・安心で、「家庭で」」と感じる友人から「道徳的、感情的なサポート」を受けることができるところであるため、フィリピンの人たちに重要であると説明し。

「教会は、世界で起こっているすべての否定的な中、彼らの避難所であり、元である」と彼女は言った。

カトリック東京国際センターで働く宣教師エドウィンコロス花嫁が2019年9月目黒カトリック教会で、フィリピン教区人たちに教義問答を教えている。 (写真提供:エドウィンコロス)(教徒)

READ  1200年にピークを迎えた日本の桜

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close