日本のブランクシ:ルーマニアの彫刻家が日本で初めて展示されます。

Estimated read time 1 min read

世界的に話題となっているパリ展示会が進行中の中、コンスタンティン・ブランクシの傑作の一部が日本国内初演で「真髄彫刻」というタイトルの展示会を通じて日本でも展示されています。

日本美術館で開かれたこの前例のない展示会は、今や東京アーティゾン美術館でブランクシの作品を総合的に披露します。 今回の展示会の中心部には、ブランクシ史跡(Brancusi Estate)と世界中の様々な博物館からの20以上の彫刻があります。

今回の展示にはこれらの傑作たちと共にフレスコ画、テンペラ絵画、描画、写真などブランクシのフラット作品を統合して彼の芸術的努力の全範囲を見せる。

公式発表会によると今回の展示にはブランクシの作品が学問的事実主義とロダンの影響を受けた初期から主題の形を本質に還元した1910年代、そして1920年代から作品を披露する。 バードのように、彼がトピックをますます抽象的にしたとき。

約90作品で構成されたこの展示は、ブランクシの創造的な天才性についての全体的な洞察を提供し、日本がこの芸術家の遺産を受け継いだ最初の重要な事例です。 展示は2024年7月7日まで行われ、詳細は確認可能です。 ここで。

コンスタンティン・ブランクシの日本のつながり

キャリア初期は日本系アメリカ人美術学生でした。 現在議論となっているブランクシの1926年ショーをアバンギャルドブリューマーギャラリーで見て感銘を受け、グッゲンハイム奨学金を受け、パリでブランクシのスタジオアシスタントとして働くことができたそうです。 Artsy.net国際芸術プラットフォーム。

「このような大きな幸運は神聖で避けられない何かを持っています。」 野口はブランクシの紹介を受けた逸話をこう語った。 両方のアーティストの影響力は相互に深く、同じプラットフォームを追加しました。

一方、 アートニュースドットコム Hayden Herreraの2015年前期に記載された内容です。 石を聞いてイサム野口の芸術と生活当時の野口の仲間だった画家アンドレ・ルエレン(Andrée Ruellen)はこう思い出しました。 「彼はブランクシに関するすべてのことに愛着を持っているようでした。 彼もブランクシのようにルーマニア産の木の靴を履きました。 そして彼はブランクシが仕事以外にどのように住んでいたかについて話し続けました。 私たちのサークルでは、理事は彼の才能に特別な関心を持っていると言うことはできません。 ところがその人が本当にすごい美意識を持っているようでした」

READ  ローマがインド太平洋地域で大きな役割を果たすにつれて、日本はイタリアと国防と経済関係を強化します。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours