経済

日本のプロモーター、ライブコンサート再開しようと

日本のプロモーターは、現在、長期のCOVID-19大流行により、深刻な危機に瀕しています。 伝染病によるキャンセルと延期によるチケット販売の損失は、2020年には約3億3300万ドル(363億円)です。

今月初め、日本は 緊急事態 特に東京と大阪を強打している4次コロナウイルスの事例がある中で、東京をはじめとする3つの地域は、5月末まで。 ジョンズホプキンス大学によると、12,100人以上がCOVID-19で死亡した日本は、5月18日216人が死亡しており、これは、1月初め以来最も多くの死者です。

新しいIPAJのメンバーは、Avex Entertainment Inc.、Creativeman Production Co.、Hanshin Contents Link Co. (Billboard Japan)、Hayashi International Promotions Ltd.、Kyodo Tokyo、Inc.、Live Nation Japan GK、M&I Company Ltd.です。 、Promax Inc.、Smash Co.、Udo Artists、Inc.

今年の初め、10人のIPAJプロモーターが、日本政府に訴えた後、外国のアーティストのコンサートは、ほぼ1年ぶりにJ-LODlive(Japan Content Localization and Distribution Live Entertainment)の補助金にいよいよれました。

しかし、予防接種が急速に進んでいる米国と英国で大規模なコンサートやフェスティバルが徐々に再開され始めたが、日本の海外アーティストのコンサートは、まだ初期段階にありません。 日本の人口の3%以上が予防接種を受けました。 国は 外国人を禁止 米国、カナダ、ヨーロッパを含むほとんどの国で、日本に入国します。

最近のウイルス急増は、昨年に計画された東京オリンピックを再び脅かしており、これは昨年の計画されており、現在、7月23日開始予定です。 日本は観光客がオリンピックに参加できるようにビザを与えられていません。 そして主催者側は、開会式と閉会式のための音楽ラインナップをまだ発表していない。 (日本のボーイバンド嵐は2020年開幕式で公演する予定だった。)

医療専門家と世論が試合をキャンセルすることを強く要求しているにもかかわらず、国際オリンピック委員会は、競技が予定通り行われるだろうと続けて主張してきた。 先週首相 Yoshihide Suga 初めてお辞儀ように見えた 圧力 政府が「オリンピックを最優先にしていない」と世論の声を高めました。 しかし、彼は最終的にIOCが最終決定を下すと付け加えた。

READ  楽天のeSIMが当日開通可能です。サードパーティ製のiPhoneユーザーのインポート狙う流​​出の危険大(石川ウォン) - Engadget日本版

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close