経済

日本のベンチャーキャピタリスト、ベトナムメディアスタートアップに70万ドルの投資

トゥイティエン・nbsp2021年3月7日| 11:00 GMT + 7

Vietceteraのインターフェース。 Vietceteraの写真を提供する。

日本のベンチャーキャピタル会社Genesia Venturesは70万ドルを投資し、ベトナムのベースのメディアスタートアップVietceteraのシードファンディングラウンドをリードしてきました。

2020年第1四半期に確定したこの取引はVietceteraが政府からデジタルメディアのライセンスを受けた後、公開されています。 Bloomberg 共同創設者兼CEOのHao Tranはこう言いました。
シリコンバレーに拠点を置くHustle Fund Managementもシードファンディングに参加しました。

Vietceteraは2021年上半期に、少なくとも数百万ドルのシリーズA資金調達を完了するとTranは語った。

VietceteraはHCMCに基づいて成長する中産階級を対象とするデジタルメディア企業です。 一般的なビジネスの記事でライフスタイルストーリーとポッドキャストに至るまでベトナムと英語のコンテンツを提供しています。

Tran銀の資金がデータ科学プラットフォームの拡張をサポートし、製品開発を加速し、市場シェアを拡大​​すると言いました。 昨年Vietceteraのウェブサイトは、読者層が700%増加したと彼は付け加えた。

Google、シンガポールの投資会社であるTemasekおよび米国のコンサルティング会社Bainの報告書によると、ベトナムのオンラインメディア市場は、2020年には33億ドルで、2025年70億ドルに達すると予想されており、電子商取引市場は2025年に290億ドルに成長すると予想されます。 &会社。

レポートによると、電子商取引の価値は昨年140億ドルで、2025年に520億ドルに増加すると予想される。

戦略的マーケティングのコンサルティング会社であるKepios Pte、ソーシャルメディア管理会社Hootsuite Media Inc. とソーシャルメディアマーケティング会社We Are Social Ltdが収集した「デジタル2021:ベトナム “レポートによると、2021年1月にベトナムには7,200万人のソーシャルメディアのユーザーがいました。

YouTubeは16〜64歳のインターネットユーザーの92%が最も多く使用されるソーシャルメディアプラットフォームと報告書は述べている。 ベトナムのVNG Corp.が所有してFacebookや現地のソーシャルネットワークZaloは、ユーザーのそれぞれ91.7%と76.5%を引き込んだ。

READ  ソニーの賢明な照明、多機能照明が非常に進化! 様々な機能をより簡単に使える【そこが知りたい家電の新技術】 - 家電Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close