経済

日本のホンダは、チップの利益削減、材料コストの問題を見ています。

Hondaの会計年度第4四半期の利益は、供給不足と原材料コストの上昇に耐えたため、日本の自動車メーカーは前年のほぼ半分に下落しました。

東京に本社を置くホンダ自動車は、金曜日の1~3月四半期利益が1,248億円(9億6,700万ドル)で前年同期の2,133億円から41%減少したと報告した。 四半期ごとの売上は7%増の3兆8,800億円(300億ドル)を記録しました。

ホンダはコストを削減しているが、コロナウイルスの発症と戦うための中国の閉鎖など、様々な理由で供給と生産に対する不確実性が続いていることを認めたと述べた。

ホンダモデルに対する強い需要にもかかわらず、半導体不足は販売に打撃を与えたと会社は言った。 ホンダは代替サプライヤーを確保していると伝えた。 武内小平本田最高財務責任者(CFO)は、本社で「私たちの車を喜んで待ってくださったお客様に問題を起こした点について深くお詫び申し上げる」と話した。

3月に終わった会計年度に、ホンダは7,070億円(55億ドル)の利益を上げ、これは前年の6,570億円から7.6%増加したものです。 売上高は総14兆6000億円(1130億ドル)で、前年比10.5%増加した。

Accordセダン、Odysseyミニバン、およびCivicコンパクトを作るHondaは、会計年度に450万台から減少した約400万台を販売しました。 日本、米国、その他のアジア地域で車両の販売が減少しました。

会計年度のオートバイ販売は、特にアジアで販売が増加するにつれて12.5%増加した1,700万オートバイを記録しました。
ホンダは、2023年3月までに会計年度に7,100億円(55億ドル)の利益を予想しており、これは原材料コストの上昇のリスクが続くにつれて、終わった会計年度とほとんど変動しません。

ホンダに影響を与える問題は、すべての自動車メーカーに有害でした。 しかし、日本1位の自動車メーカーであるトヨタは1~3月四半期の利益が前年同期比減少したにもかかわらず、史上最大の実績の1年を終えた。 日産自動車が3年ぶりに黒字転換した。

他の業界と同様に、ホンダは電気自動車に対して楽観的に成長しました。 最近では、これらの研究に今後10年間で5兆円(390億ドル)を投資すると発表しました。

これには、北米のGeneral Motors Co.と協力して2024年に販売されるモデルを開発することが含まれます。

ホンダは最近、為替レートのボラティリティが役に立たず、より安定することを望むと述べた。

円は米ドルに対して20年来最低水準だ。 安い円は、歴史的に、ホンダのような輸出業者の海外輸入価値を円に換算することで利益になりました。 しかし、輸入部品と材料のコストも増加します。

Takeuchiは、ウクライナの戦争が世界経済に及ぼす潜在的な影響も、ホンダの販売に当たる可能性があると述べた。

READ  New Mortonレストラン大山寿司では日本料理を楽しめます。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close