エンターテインメント

日本のボックスオフィスは、2020年に45%下落した13億8000万ドルで

日本のボックスオフィスは、新型コロナウイルス感染症が原因で、国内の映画館がしばらくドアを閉め一年中映画に負担になった後、2020年に45%以上の急落しました。

総チケットの販売収入は史上最高記録を立てた2019年の23億9000万ドル(261億円)で、減少13億8000万ドル(1433億円)を記録しました。

その結果、日本は23億ドルの売上高を記録した北米で世界第3位の演劇映画領土を獲得した。 2020年第4四半期の流行で急速に回復した中国が史上初めて31億3000万ドルのチケット販売を記録し、1位を占めています。

しかし、日本が全体的に3位を占めたにもかかわらず、日本の発券所は、より大きな米国と中国市場よりも伝染病に直面して、はるかによく耐えてきた。 北米では前年比70%、中国は68.2%下落した。

ハリウッド開封スケジュールによる混沌のCOVID-19のおかげで、アメリカ映画は、2020年近代日本ボックスオフィスで最も低いシェアを獲得した。 アメリカのスタジオ公開の大部分洋画は3億2,800万ドル(340億円)を稼い応じました。 )、前年10億9000万ドル(1,190億円)で、71%減少し、2004年以降で最も高い数値です。

日本の映画館は、東京政府が日本初の新型コロナウイルス感染症に対応し、国家非常事態を宣言した後、2020年4月中旬にドアを閉じる開始しました。 しかし、5月中旬まで日本の主要マルチプレックスは、いくつかの社会的距離と衛生要件がありますが、慎重な再開を準備しました。 次に映画オペレータは、地元のアニメが好きなDemon Slayer:Kimetsu no Yaiba the Movie:Mugen Trainのブロックバスター公演で大きな力を獲得しました。 東京に拠点を置くスタジオUbisoftが製作限り、この映画は、3億5250万ドル(362億5千万円)を稼い日本の興行記録を立てました。 ヒット作の漫画とTVアニメシリーズを脚色漢ブロックバスターは、宮崎駿の愛されるクラシックSpirited Away(2001)を抜いて、20年の間に合計316億8千万円で歴代チャート1位を占めています。

昨年、日本でハリウッドの最大の新作は、ワーナー・ブラザーズのテネト(2630万ドル)であった。 最大新しい非日本語のリリースの自慢権はポン・ジュノの寄生虫で4570万ドルを稼い応じました。

難しい年にもかかわらず、グローバル配給会社は、日本の全映画のスクリーンの数が2020年に実際にわずかに増加したという事実に心をひきつけるものであり、これは感染症が、最終的に消える強力な演劇的反発を達成することができることを示唆します。 日本映画製作者協会によると、日本は2019年3,583個のスクリーンで2020年に3,616個のスクリーンを運営した。

READ  DMM GAMESの新作「ガールズブックメーカー〜君が描く物語〜」を再生します。名作の世界をめぐる冒険に出よう

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close