エンターテインメント

日本のボックスオフィス:「エヴァンゲリオン」のアニメーションの最初の週に3000万ドルを突破

Anno Hideakiが制作し、共同監督したRebuild of Evangelion空想科学アニメシリーズの第四の映画「Evangelion:3.0 + 1.0 Thrice Upon a Time」は、封切り初週220万件の立場から3,060万ドルを稼い応じました。 月曜日に発表された販売代理店の数値に。

3月8日466個スクリーンで興行漢映画は、2012年に公開された第三の映画「ヱヴァンゲリヲン再建」映画「ヱヴァンゲリヲン:3.0やり直すことができない」より45%多くの興行を記録した。 4,860万ドル。

また、初日540,000回の立場から760万ドルをかけて、日本の業界標準である土曜日はなく、月曜日開封にもかかわらず、以前の映画を24%上回った。

しかし、この数値が印象的であるという点は、昨年の大ヒットアニメ「デーモンスレイヤーザ・ムービー:ムゲントレイン」とは一致していません。 2020年10月16日403個スクリーンで封切り漢製品は初日の合計1,200万ドルを記録し、10日ぶりに1億ドルを突破しました。 3月13日現在の累積総額は3億2,500万ドルで、日本興行史上過去最大記録です。

4本の「再構築」映画は、1995年と1996年、東京TVで放映されたオリジナルの「新世紀エヴァンゲリオン」TVアニメシリーズを再処理したものです。 最初の “Evangelion:1.0 You Are(Not)Alone」は、日本では、2007年に2000万ドルで取引を終えました。 四番目で最後のToho、ToeiとAnnoのStudio Kharaの共同リリースでは、4つの中で最も高い収益を上げることが期待されます。

READ  二宮和也タトゥー&ひげビジュアルに菅田将暉が惚れに対し、「すごい素晴らしかった」:映画ニュース - 映画.com

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close