エンターテインメント

日本のボックスオフィス:地元のアニメ映画が2021年のランキングを支配する

現地制作映画、特にアニメタイトルが2021年日本ボックスオフィスを支配しました。 この地域は一般的に中国と北米に続き、世界で3番目に大きい映画市場です。

日本映画製作者協会(Eiren)が集計した公式数値は来月まで発表されませんが、Pick Scene映画ランキングとボックスオフィスサイトの数値は「エヴァンゲリオン:3.0+1.0三回の昔」を示しています。 3月8日公開後、計9千万ドルの収益を上げた今年最高の映画。 Anno Hideakiが脚本・監督し、AnnoのStudio Kharaが制作した空想科学アニメーションで、新世紀エヴァンゲリオン・フランチャイズの一部である彼の「Rebuild of Evangelion」映画シリーズの4番目と最後の映画です。

今年日本で輸入上位3本の映画はすべてアニメで、2位の「名探偵コナン:スカーレット弾」(6,750万ドル)は「名探偵コナン」10代探偵ミステリーフランチャイズの最新バージョンです。 3つ目は、アニメ巨匠の細田真守の空想科学ファンタジー「Belle」(5,800万ドル)です。 アニメタイトルが3位を占めたのは2000年以降の2回目です。

8位を占めた最も高い順位の非日本映画は、配給会社である東宝に3,200万ドルを稼いだ「F9:Fast Saga」です。 5つのハリウッドタイトルだけが日本で商業ヒットの伝統的な指標である10億円(880万ドル)を達成し、ディズニーとマーブルタイトルの両方が残念な数値を記録しました。

トップ10の映画のうち5つは、業界リーダーのTohoが公開または共同公開しました。 Warner Bros.は最高の海外配給会社でしたが、上位10タイトルすべて日本製作作品でした。 4位は「Tokyo Revengers」(3900万ドル)、5位は「Rurouni Kenshin The Final」(3800万ドル)です。

Otaka Hirooボックスオフィスアナリストは、「劇場とストリーミングプラットフォームで同時に公開するか、劇場の開封とストリーミング開封の間隔が短くなり、視聴者に幅広い選択肢を提供しました」と語った。 多様性。 「一つの結果は、ディズニーだけでなく、すべてのハリウッド映画(劇場で)を見ることへの関心の急激な減少でした」。 今年、オタカは日本映画のシェアが昨年76%から80%に仕上げられると見通した。

この上映は、3つのハリウッド映画がMPPAJの公式上位10位以内に入った2020年と上位10本の映画のうち6つがハリウッド封切りだったファンデミック以前の2019年に比べ弱いです。

オタカによると、2021年の総ボックスオフィスは13億6000万~14億ドルの範囲となり、これは2020年より120%増加した数値だ。 これはファンデミック以前の2019年の総ボックスオフィスの約60%に過ぎません。

オタカは「ファンデミックは今年のボックスオフィスに大きな影響を与えた」と話した。 ただし、「昨年のような全国劇場の閉鎖が発生せず、その影響は(2020年より)多少減った」と話した。

オタカは2022年を見下ろし、「2021年より来年より大きく、注目されるハリウッド映画が公開される予定だ。私はハリウッドの反騰を期待する」と話した。

READ  今週Jujutsu Kaisen Chapter 138リリースセット、プレビューは興味深い事実を明らかにします。

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close