技術

日本のマツダが電動化に110億ドル支出計画を発表

日本のMazda Motor Corpは、電気化のために106億ドルの支出計画を発表しました。 バッテリー生産投資も検討している。 また、2030年までに全世界全体の販売量の40%まで電気自動車の販売目標を高める。

画像クレジット- Modernfuturetech.com

世界の自動車メーカーは、環境規制の強化に伴い、EV生産とバッテリー製造を増やすために数十億ドルを費やしています。 Mazdaの投資計画は、トヨタやホンダなどの国内競合企業が今年同様の発表を行ったことに続いています。 「バッテリー電気自動車の本格的な発売を推進し、バッテリー生産投資を検討します。 私たちは、2030年現在のグローバル販売において、マツダのEV率が25%から40%の間に増加すると推定しています。 以前のEV販売目標は2030年までに25%でした。

新しい予測は、コンサルティング会社であるDeloitteが2030年までにEV販売が世界中の全新車販売の約32%を占めると予想する幅広い業界動向と一致しています。 Mazdaは3段階計画の一環として、バッテリー2025~2027年の期間で把握した「2段階後期」の電気自動車モデル。 2028~2030年の間に完全電気自動車を本格的に発売する計画だと会社側は明らかにした。 高賀明専務は記者たちにパートナーと共に1兆5000億円(106億ドル)を投資し、研究開発に使うと述べた。 このニュースは日経ビジネスデイリーによって最初に報告されました。

契約と合弁事業

Kogaは、詳細な投資スケジュールを明らかにすることを拒否し、EVがどれだけ早く人気を得たかにかかっていると付け加えました。 それにもかかわらず、MazdaのCEOであるAkira Marumotoは、同社は新しいハイブリッドシステムを導入し、内燃機関の効率を改善する方法を探すと述べた。 「我々は、マルチソリューションアプローチが効果的であると信じています」と彼は言った。 現代自動車は電気部品メーカーのロームを含め、7社と電気駆動装置を共同開発・生産することに合意したと明らかにした。 同社の経営陣はまた、マツダがバッテリーメーカーであるEnvision AESCと2025年から2027年の間に限られた期間供給契約を締結したと述べた。 コガ氏は「これ以上(バッテリー)の調達・確保戦略を段階的に開発したい」と語った。

Envision AESCの松本松本CEOは先月、ロイター通信において、同社は日本、欧州、米国、中国の自動車メーカーと新たな供給契約を議論していると述べた。 Mazdaは、2026年3月に終了する事業年度に約4兆5千億円の純売上を目指しており、これは2022年3月に終了する会計年度より約45%増加した数値です。

コメント

コメント

READ  史上最高値を向けたギフト信号株価指数

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close