トップニュース

日本のマラソン記録を立てた鈴木健吾はまだショックを受けている。 (写真================================================ ================================================== ================================================== ================================================== ================================================>) )

琵琶湖毎日マラソンで猛烈なランニング一日を過ごした後、鈴木健吾は月曜日に新しい日本の国の記録保持者としての地位をまだ把握していました。

鈴木は日曜日の試合で滋賀県で最大の淡水湖に沿って走る男子マラソン記録である2時間4分56秒を記録し、自分自身を驚かせた。

スズキは、オンラインの記者会見で、「私は実際に新しい国家記録を立てたのは、徐々に頭の中に陥っている」と述べた。

“(試合)は、私が思っていたよりも足のより多くのダメージを口ヒョトギため、次の目的に移る前に、しばらく休息を取ることです。」という彼ました。

鈴木の勝利は、彼2:05以下マラソンを完走した日本初のランナーにしました。 彼はアメリカで最も有名なレースのひとつである琵琶湖毎日マラソンを走るための行を立った300人以上の人のうちの一人でした。

予告されていない鈴木は昨年のようなレースで12位を占めたが、今年は2018年に設定された、以前の個人最高記録である2:10:21で、5分以上を削減しました。

今25歳の彼は2024年にパリオリンピックを目指しとしました。

「(まだ不足)高強度のトレーニングを耐えることができる物理的強さと私を不安にする他の走者を倒すことができる精神的強さが不足します。」と彼は言いました。 「毎日着実に運動することが重要です。」

去る3月、東京マラソンで東京オリンピックの出場権を確保した大迫優が去る3月、東京マラソンで2時05分29秒は、前の州の記録を立てました。

ケニアのEliud Kipchogeは2018年にベルリンマラソンで立てた公式マラソンの世界記録である2:01:39と2019年にオーストリアウィーンで開かれたイベントで1:59:40の非公式世界記録を保持しています。 複数の人工条件で。

鈴木は怪我を避けることができれば、近い将来に2:04以下のマラソンを走ることができると考えている。

「マラソンのトレーニングプログラムが楽になりました。」と彼は言った。 “私は怪我をしないで、体力レベルを向上させることができれば、その時間に到達することができます。」

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  バンクーバーで日本人留学生殺害で有罪判決を受けた男性のための新しい試みコマンド

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close