日本のミッドフィルダーエンドワタルがシュトゥットガルトをブンデスリーガ降格圏から追い出した。

1 min read

ベルリン(AP) – シュトゥットガルトが日曜日のマインツで4-1で勝利し、ブンデスリーが降格を抜け、日本のミッドフィルダーエンドワタルが1ゴールを決め、もう1ゴールを決めました。

以前最下位で2位だったシュトゥットガルトはゴール得実車でボーフム(32点)を前にしてリーグ1ラウンドを残して、シャルケより1点先にしました。 26点で最下位のヘルタベルリンは土曜日降格されました。

シュトゥットガルトは23分、マインツのコーナーキックの後、近くの距離でMarcus Ingvartsenがゴールを決め、失点の後に回復しなければなりませんでした。

エンドは41回マインツの別のコーナーキック後、カウンター攻撃で同点ゴールを決めました。 Silas Katompa Mvumpaは、セルホウ・ギラシのためにクロスする前に、フィールドの長さの半分を走ってクリアしました。 マインツディフェンダーのエディミルソン・フェルナンデスがクロスを切り取ったが、エンドは左足でボールを防ぎ、右足でバリシュートを飛ばした。

Chris Führichは62回プレーヤーに入り、64回Guirasyはシュトゥットガルトの2番目のゴールをコーナーキックで結び、78回はEndoが決めた。

Führichはまだ終わっておらず、Tanguy Coulibalyを設定し、インジャーリー時に得点を完了しました。

ボルシア・ドルトムントは、バイエル・レバークーゼンがボルシア・ミュンヘン・グラートバッハとホームゲームをプレイし、最後の2回目のラウンドを終える前に、日曜日の後半にアウクスブルクで勝利することで、1ラウンドを残してトップに上がることができます。

___

その他のAPサッカー:https://apnews.com/hub/soccerとhttps://twitter.com/AP_Sports

READ  日本の長い中央銀行総裁が強い遺産を残して去る
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours