日本のメタプラネット、経済成長の鈍化の中でビットコインをより多く獲得

1 min read

公開上場企業のメタプラネット(Metaplanet Inc.)が主要機関の追加売り圧力の中でも暗号通貨市場の感情の変化にもかかわらず、4億円(240万ドル)相当の42個のビットコインを追加で買収しました。

東京に本社を置く同社の最近の買収は暗号通貨を強化するための措置の一環であり、公開された内容によると同社の総ビットコイン保有量は203BTCに増えました。 氏名 日曜日に。

先月、同社はビットコインの保有量を増やし、国際的な成長機会を活用する戦略的イニシアチブの一環として、全額出資子会社であるMetaplanet Capital Limitedを設立しました。

「Metaplanetは超過キャッシュフローを活用し、債務や自己資本調達などの財務管理戦略を含む企業支配構造を強化し、ビットコインの蓄積をさらに拡大します。」 宣言書 読んでください。

日本が数十年にわたって経済的困難を経験している時期にメタプラネットの買収が行われました。

円の為替レートは着実に下落し、米ドルに対する160.96、ユーロに対する173.81に落ちた。 これは、1986年以降のドルに対する円の最も弱い水準であり、ユーロに対する記録の最低値です。

日本は長期景気低迷、人口高齢化、労働力の減少に直面しており、 金融頭痛

需要不振にもかかわらず、日本銀行(BOJ)は、他の主要先進国が反対方向に動く中でも金利を低く保ち、成長を促進しようと試み、緩和的な金融政策を維持してきました。

Metaplanetの企業価値は9,700万ドルと比較的小さいが、今回の買収はMicroStrategyなど世界最大の暗号通貨を貸借対照表に含めようとする他の企業の動きと一貫しています。

2024年7月現在、MicroStrategyは合計226,331 BTCを保有しており、これは125億ドル相当です。 同社は、4月と6月の間に約7億8,600万ドルに達する11,931 BTCを含む独自のビットコイン保有量を増やしてきました。

Metaplanetと他の企業の戦略的買収は閉鎖されたMt。 Gox取引所やドイツ政府の資産の清算の可能性などの要因により、暗号通貨市場の感情が変化する状況で行われました。

メタプラネット株価はアジア取引セッションの初めに1.2%上昇し、約0.50ドルに達しました。

READ  ICCP、日本企業、イノベーション、デジタルツールに乗る
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours