スポーツ

日本のメーカーは、6月にも楽観的である

投稿者:Daniel Leussink

ロイターの調査によると、日本のメーカーとサービス部門の企業のビジネスの信頼レベルは、先月と比べてほとんど変わらなかったし、これは日本のコロナウイルス回復の脆弱性と不均一な状態を強調した。

日本の銀行(BOJ)の四半期ごとの調査を綿密に観察したロイターダンカン世論調査によると、海外需要が強く、メーカーの雰囲気は肯定的な状態を維持したが、今月より3ヶ月はやや低くなると予想される。

製造元のロイターダンカン情緒指数は5月21日から22で上がり、サービス部門の雰囲気はより落ち込んでいた。 6月3日から14日まで実施された世論調査によると、サービス指数は前月2で下落した平らました。 (結果の詳細表を表示します)

Reuters Tankan指数の数値は、状態が良くないと答えた回答者の割合が良いと答えた回答者の割合を引いて計算されます。 肯定的な読書は楽観主義者が悲観論者よりも多いことを意味します。

238社の企業が匿名で答えた481個の大・中企業を対象にした調査によると、メーカーの化学、金属製品製造の肯定的な感情が繊維、製紙などの部門の不利な条件を相殺した。

化学製品メーカーの管理者は、「海外需要の増加と電子材料関連産業からの肯定的な影響を受けている」と述べた。

世論調査はBOJが6月17-18日の政策会議を終了する日前に行われ、ここで国の経済回復を支援するために、大流行の救済プログラムを拡張することができ、これは危機を減らすために、他の中央銀行よりも遅れ質との見方を確かなものにするために役立ちますです。 モードポリシー。

BOJの独自の「tankan “ビジネス調査では、次の月に東京がオリンピックを開催する数週間前の7月1日に予定されており、このイベントがCOVID-19感染の急増の原因となることができるという継続的な懸念の中にあります。

日本経済は、この四半期の景気後退をかろうじて避けることが予想されるが、主に拡大されたコロナウイルスの抑制と東京の後半ワクチン発売により、米国の急激な成長率を見ないようです。

Reuters Tankan調査はまた、企業が健康危機で感じる打撃を強調しており、卸売業者者、管理者は、コロナウイルス打撃からの回復がまだ「不振」と説明しました。

不動産会社の別の管理者にもまだ否定的でした。 管理者は、アンケート調査で、「コロナウイルスの影響で航空需要が減少し続けています。」と書きました。

メーカーのビジネスの信頼性は、9月21日一段階低くなり、サービス部門の企業は10社に上昇すると予想された。

(Daniel Leussinkジャーナリスト、Kim Coghill編集)

READ  スタンドから悪口 "お金返して!」西武5連敗に辻監督「序盤に7失点はひどい」| Full-count |フルカウント - 野球・MLB総合コラムサイト -

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close