日本のメーカーは高い材料費のため自信が弱まった:ロイター世論調査

1 min read

東京:日本メーカーは材料費の上昇により3ヶ月前より事業に対する確信が著しく減少したが、6月のロイター・ダンカン世論調査によると、指数は4ヶ月連続プラス領域を維持した。

日本銀行(BOJ)が綿密に観察する短観四半期別企業アンケート調査の先行指標である月間世論調査の結果は、日本経済回復の不均一な性格を強調します。 次のBOJダンカンは7月1日に発売されます。

製造業体感指数は3ヶ月前に+10から+6に、5月には+9から+6に下落しました。 円の価値が34年ぶりに最低値に近づき、資源不足の日本が輸入しなければならない原材料価格が膨らみ、企業が打撃を受けたからです。 海外から。

ある機械メーカーの管理者は、世論調査のコメント欄に「材料費を顧客に転換し、人件費の増加により資本支出やその他の支出に対する欲求が弱まっている」と述べた。

一部のメーカーは、トヨタ、マツダなどが車両認証テストで不正行為を認めた自動車産業スキャンダルが連鎖的に影響を及ぼすという懸念も表明した。

自動車業界のある管理者は「産業機械をめぐる経営環境は確実に悪化している」と書いた。 「認証問題が当社の事業にどのような影響を与えるかは不明です」

しかし、製造業者は全体的に、今後数ヶ月間はもっと楽観的であり、指数は9月に+9になると予想されます。

6月の非製造業指数は+31で3ヶ月最高値を記録しました。 5月より5ポイント上がったが、3カ月前よりは1ポイント低くなった。 9月には+31に滞在すると予想されます。

経済学者たちは、6月から賃金の引き上げと所得税の引き下げが消費者支出を支えるのに役立つとの期待が、サービス部門に対する企業の信頼を強化する可能性が高いと述べた。

Reuters Tankan世論調査は6月5~14日に実施されました。 匿名を条件に500社余りの大型非金融企業を対象にアンケート調査を実施し、約230社が回答した。

指数は、楽観的な回答者から悲観的な回答者の割合を減算することによって計算されます。 マイナスの数値は、悲観論者が楽観論者よりも多いことを意味します。

READ  現金フリー決済システムをテストする日本最大のコンビニエンスストアチェーンの1つ
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours