トップニュース

日本のランダム目的地ロールダイ列車のチケット:驚くほど安い方法… どこか

7つの素晴らしい目的地 そして機会 ほぼ150,000円節約 特に運がよければ。

一部の人々は目的地ではなく、旅が重要だと言います。 それは人生で持つことができるかなり良い態度ですが、最も哲学的な旅行者でも徒歩圏内以上の旅行をしたい場合は、お金も重要であることを認めなければなりません。

幸いなことに、目的地が難しくない、または現金が不足していない場合 西日本鉄道(JR West) かなり割引価格で旅行を出る準備ができました。 それで、彼らはあなたをどこに送りますか? 誰も知らないこれが正しい サイコロチケット 私たちは話しています。 サイコロ 「サイコロ」を意味する日本語で、キューブ型のランダーマイザーの結果と同様に あなたの目的地は偶然の問題です

可能性が日本中部および西部にある次の7つの駅であるため、どこへ行くのか完全に暗いというわけではありません。

白浜 (和歌山県)
アマルベ (兵庫県)
舞鶴 (京都県)
倉敷 (岡山県)
あわら温泉 (福井県)
尾道 (広島県)
博多 (福岡県)

▼尾道は古風な山坂寺、ドラマチックな海岸風景、数多くの猫で有名です。

サイコロチケット費用 5,000円 (US$36) 往復、適格出発点は大阪市内どこでも可能です。 それで、ランダムな目的地への対価でどのくらい節約していますか? たくさん。 他の割引チケットとは異なり、Saikoroのチケットは遅い列車に閉じ込められず、目的地が新幹線の路線に沿っている場合は特別特急と新幹線に乗ることができます。 一般的に、大阪または新大阪駅で、その口径の往復チケットの費用は次のとおりです。

●白浜:11,400円
●天丸:12,060円
●東舞鶴 9,180円
●倉敷:13,360円
●あわら温泉 13,380円
●尾道17,300円
●博多:29,240円

それで貯蓄をするようになります。 最低4,180円、多くは24,240円間の割引を表す 一般価格価格で45.5%および82.9%割引

▼柳の木が並ぶ美しい運河のある倉敷は、写真ファン(そしてデニム愛好家)が訪れるべき場所です。

目的地の確率は完全に均一ではありません。 その中で、白浜、天丸、東舞鶴、倉敷、阿原温泉の5つに対して、16.7%の同じ確率があります。 尾道は13.9%とやや低く、福岡市内の主要鉄道ハブである博多は2.8%の確率で最も珍しいサイコロチケットの目的地です。 しかし、7つの駅がすべて興味深い観光地に位置しているため、群れで悪い結果はありません。

博多を目的地に指定する確率を少し上げる方法もあります。。 Saikoro Ticketsは2回提供される予定で、両方とも同じ目的地を取得すると、2番目のチケットをHakataに交換できます。 もちろん、チケットをそのままにして同じ宛先を2回使用することもできます。 あまるべ、東まいづる、あわらおせん、くらしきを目的地に選ぶと追加ボーナスがあります。 さいころのチケットを使えば、その駅の途中で降りることができるからです。

▼例えば、西光チケットで京都城崎温泉村(to-Amarubeチケット使用)、田辺城(東舞鶴チケット)または福井県の首都(あわら温泉チケット)に移動できます。 )と岡山(倉敷チケット)はそれぞれ恐竜と桃で有名です。

さいころチケットの特にいいところは 一度に最大6人まで購入でき、グループ内のすべての人に同じ目的地が保証されます。。 運が良ければ、家族や友人と一緒に旅行できるだけでなく、 合計145,000円以上を節約できます。

Saikoro Ticketsの最初のラウンドは7月19日から販売され、オンラインで購入できます。 ここ、2番目のバッチは7月30日に利用可能です。 チケットは7月29日から10月31日の間に使用でき、お互いに3日以​​内に出発して戻ります。 実際、唯一の潜在的な欠点は、大阪でサイコロチケット旅行を始めて終わらなければならないことです。 ただし、電車の料金をいくら節約できれば、旅行を一日延長してチェックアウトすることができます。 大阪を日本で最も住みやすい都市にする理由。

出典:JR西日本(12)、 広報時間
トップ画像: パクタソ
画像の挿入: JRウエスト
●ソラニュース24の最新記事が浮かぶとすぐにニュースを聞きたいですか? Facebookで私たちをフォロー そして Twitter
[ Read in Japanese ]

READ  梅雨をゲームで乗り切ろう!

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close