スポーツ

日本のリーグで2人のフィリピンのプロ選手がマルディスに復帰します。

日本でプレーする二人の専門のフィリピンブーツの選手がすぐにフィリピンのモルディス女子代表に復帰する予定です。

PSAフォーラムでMalditasとそのコーチMarlon Maro。

日本初の完全プロ女子サッカーリーグに出場した、フィリピン初の選手となったQuinley QuezadaはSarina BoldenとMalditasに復帰します。 両方のMalditasが、今年1月にインドで開催される2022アジアサッカー連盟(AFC)女子アジアカップトーナメントで競合した場合に使用することができます。 マローンマロ代表監督は、水曜日まで二人との一連の会議を持つ予定だと火曜日に彼らの可能性を確認した。 「明日は、日本のプロリーグの二人の選手であるQuinleyとBoldenとのミーティングがあります。 私はそれがそれらのための仕事だと思います。」とフィリピンのスポーツ作家協会フォーラムの週間オンラインセッションでMaroが言いました。 日本の2021-2022 Women’s Empower LeagueでクラブチームJEF United Chibaで活躍しているQuezadaは去る8月Boldenと、カリフォルニア州アーバインで訓練するときMalditasとありました。 しかし、二人は先月E組予選を支払うためにウズベキスタンのタシケントに行ったときマルディスに参加していなかった。 厳しいコロナ19のヒントの一環として、長期間の隔離期間を経たからだ。 「Hindi na sila nakarating sa Uzbekistan kasi pagpasok pa lang sa Japan、14日間の自己分離する。 Paglabas nila sa Uzbekistan、別の14日のパグバリクパパン」とMaroは言いました。 Maroは、各クラブが既にアジアカップが始まる前にそれらを放出することで合意しており、その頃にはWEリーグのシーズンが終わったと言いました。 先週の土曜日せ者で福田デンシアリーナから約1,281人のファンが見守る中、Nippon TV Tokyo Verdy Belezaと0-3の敗北を吸収したクラブチームJEF United Chibaの交換に走った。 一方、ボルドゥンは現在埼玉熊谷運動場で開かれたマイナビ仙台の0-3敗北を吸収した値フレームAS埼玉エルフェンとある。 ボルドゥンはこの週末、彼女のチームがマニラ時間で10月10日午後1時にNojima Stellaに会いながらデビューします。 MaroはMalditasが、米国でのチームとして一緒に訓練することができるように準備しており、フィリピンサッカー連盟は、現在、他のチーム・メンバーのビザで米国サッカー連盟の支援を求めていると言いました。 先月Malditasは、香港を2-1で下しグループF 1位を占めて、インド2022イベントに参加する12チームの一つとなった。 Malditasはまた、2023年のFIFA女子ワールドカップ出場機会を与えられます。 開催国であるインドと2018年以前トーナメントの上位3チームは、自動的に資格が付与され、残りの8つのチームは、次の大会に参加することになります。 アジア大会で決定されます。

コメント免責事項: このウェブサイトに掲載された読者の意見は、Manila Standardの承認を受けたことがありません。 コメントは表現の自由を行使するmanilastandard.net読者の意見であり、必ずしもmanilastandard.netの立場や視点を示すか、または反映することはありません。 攻撃的またはわいせつマニラスタンダード編集の標準と一致していないと見なされるコメントを削除することができますこれらの出版物の権利を留保がマニラスタンダードは、読者がこのコメントセクションに投稿された誤った情報について責任を負う場合があります。

READ  日本、WC22予選早期進出

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close