スポーツ

日本のリーグ輸入ドワイト・ラモスは、まだPBAでプレーしたい

すでにかつて最高のPBAの有望株で評価されているDwight Ramosは、日本で活躍する準備をしているにもかかわらず、地域のプロリーグが残っていると言いました。

「もちろん、私はいつもPBAでプレーしたいと思っています。そして、日本の地元の人たちのように、日本に滞在し、そこからプレーしたいです。私たちのフィリピン人も同じだと思います。私たちは、機会は戻ってくる」と、彼はRadyo5に語った。 Noli Ealaと一緒に力と遊び

「私たちは、海外での日程をすべて終えた後、戻ってきてPBAでプレーすることができると思います。」

RamosはToyama Grousesと契約した後、日本B.Leagueに向かう最新のフィリピン選手です。

特にGilas PilipinasガードがまだUAAPのAteneoゲームに適応していない状況で、それは衝撃的な発展でした。

しかし、現在、国内のスポーツの状況は、23歳の選手にとって自分の計画を再考し、自分の将来を再評価させた。

下から続きを読む↓

彼は「今、フィリピンのバスケットボールがいかに不安定かと考えていた継続走ることができる他の選択肢を見つける必要がありました」と述べた。 「今の日本のバスケットボールシーンは、フィリピンやPBAに比べて少し安定しているようだ。ここでは本当に大変です。いつの練習をしたり、ゲームをすることができるかどうかわかりません。」

下から続きを読む↓

おすすめ動画

「私は今改善することができる最高の場所を探していたが、今は日本にあると思います。」

ドワイト・ラモス

下から続きを読む↓

スピンで多く

日本では、6フィート4インチの万能プレイメーカーがB.League 1部リーグで、他の5人のフィリピン人の選手とミックスする機会を持つことになります。 Lakestars)、Bobby Ray Parks(Nagoya Diamond Dolphins)、Kobe Paras(Niigata Albirex BB)、Javi Gomez de Liano(Ibaraki Robots)は、すべての今季、そこから試合を行う予定です。

Juan Gomez de Liano(Earthfriends Tokyo Z)とKemark Carino(Aomori Wat’s)は、2部リーグに出場します。

Ramosは「私の心は、次のシーズンが私に近づいてきていると思います。それは明らかに次のシーズンだからです。」と言いました。

「しかし、今シーズンが終われば、その後に私に何が起こるか考え始めることです。それはPBAでも、他のリーグでも、私は私の選択を再計量する必要があります。 “

私たちは、今Quentoにあります! SPIN.phおよびその他のSummit Mediaのウェブサイトからより多くの記事やビデオをお楽しみください。


READ  アレクサンダーアル本「そこまでひどい性能とは思わない」/レッドブルホンダF1トルコのGP木曜日の記者会見[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close