経済

日本のレジグ資本主義への最近の動きは、賃金に焦点を当てています。

(ブルームバーグ) – 岸田フミオ首相は、先月の記録的な景気浮揚策に続き、日本資本主義を改革するためのキャンペーンの一環として労働者の給与を引き上げ、繁栄がより広く共有され、成長がより持続可能になった。

ブルームバーグで一番読んだ

日本の与党は、金曜日に企業が労働者の給与を引き上げるように促し、そうでない企業を罰するために税コードを使用するニンジンと鞭セットを公開しました。

自民党の2022年度の税金計画によると、約束された税の減免は、すでに本にあるよりも約50%寛大です。

特に日本経済が他の先進国よりファンデミックから回復するのに遅れていることを考慮すると、長年にわたり沈滞した労働者給与を引き上げることは容易ではないでしょう。

成功は成長をよりしっかりと保つのに役立つかもしれませんが、失敗は特に彼がコビッドをしっかりとした管理下に保つために苦労しているならば、新しい首相が国の回転ドアのリーダーの長いリストに参加するのに貢献するかもしれません。 岸田は来年の夏より多くの選挙を控えている。

経済学者たちは租税措置が良い出発ですが、日本が長く避けてきた急速な成長のため、企業が労働者にもっと給料を支払わなければならない難しい問題であるほど十分ではないと言います。 経済は第8四半期の第5四半期に萎縮し、来年の成長はG7諸国の中で最も遅いと予想されています。

日本のGDPは、買い物客が後退して最初に報告されたものよりも大幅に減少します。

丸紅研究所の井上裕介エコノミストは租税計画に言及し、「生産性を高め、産業構造を転換する政策がなければ、うまく機能しないだろう」と話した。 「お金のない会社は賃金を上げることができない」

自民党の宮沢洋一租税政策局長も与党の租税案承認以後、演説で単に改正を超えてさらに多くの措置が必要であることを認めた。

宮沢氏は「税収約1,500億円減少すると予想される税制給付の影響は限られている」と述べた。 「重要なのは、企業が実際に給与を引き上げることができる環境を作ることです。」

キシダは、中産階級の収入の増加を彼のアジェンダの中心とした。

受賞は賃金、物価、成長の循環を新たに推進できる規模の印象を模索しています。 日本の主要インフレ指標は、8年間の日本銀行の大規模な景気扶養措置の後も依然としてほぼ0を上回っています。

国内最大の企業ロビーであるケイダンレンは、岸田の要求を拒否するものと見られる。 まだ収益性が回復していない企業が雇用維持に集中できるように相談している。 日本では、雇用安定に対する対価として低い給与を受けることが長年の妥協案でした。

1980年以来、最大のコスト圧迫に直面した日本企業

IHSマーケットの経済学者である田口春美によると、日本企業の主なコスト測定基準は、原材料市場の急騰とグローバルサプライチェーンの問題により40年ぶりに最高水準に上がったため、多くの企業が賃金引き上げを考慮する余裕がないという。

彼女は「大型企業と未来キャッシュ・フローがある企業は給与引き上げのための努力をある程度強化するだろう」と話した。 「しかし、全体的に3%のジャンプを達成することは非常に難しいと思います。」

日本は2013年から賃金を引き上げる企業に対して税金減免を行ったが、安倍晋三元首相がアベノミックス計画で推進したのと同じ賃金引き上げにつながることはなかった。

3%給与引き上げのために苦軍奮闘する日本のより大きな税減免

財政部の最新資料によると、2019年現在、約13万企業(約3%)だけが既存のプログラムを使用している。 総税控除額は約20億ドルに相当し、これは4兆7000億ドルの経済で非常に小さい規模です。

キシダは与党の税金計画に基づき、インセンティブを2倍に減らし、協力していない企業にいくつかの結果を追加することで、デッドロックを破ろうとしています。

給与を4%引き上げ、労働者教育への投資を増やす大企業は、法人税負担を30%削減できます。 現在の控除は最大20%です。

第三コロナ時代首相、日本で厳しい試験に直面

小規模企業の場合、最大控除額は25%から40%に増加し、必要な引き上げ率は2.5%に維持されます。

給与を1%引き上げなかったり、新しい機器に十分な投資をしていない大企業は、資本支出に対する一部の税金減免の恩恵を受けることができません。 給与要件は2年にわたって段階的に進められます。

鈴木俊一(Shunichi Suzuki)財務上は「重要なのは賃金引き上げが一回性措置ではなく持続するようにすることだ」と述べた。 「今後、賃金に対する動きを注意深く追う必要があるでしょう。」

日本最大の労働者協同組合である日本労総は、既存の税制給付が失敗した部分で新しい税制給付が成功できるかどうか疑問を提起している。

Rengoとして知られている組合の広報担当者は、電子メールで「政府は実際に税金を徴収し、新しい産業のための訓練に投資し、人に投資する方が良いのではないでしょうか」と述べました。 「私たちは依然として既存の税減の効果を評価する必要があります。」

(与党租税政策実装のコメントと確定した案に更新)

ブルームバーグビジネスウィークで一番読んだ記事

©2021ブルームバーグLP

READ  日本の自動車メーカーの1月の生産量は、チップが不足して4.5%減少し

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close