トップニュース

日本のレストランで「環境にやさしい」認証カツオフレークがデビュー

日本の飲食店運営者は、日本の料理文化と水産資源のすべてを維持するための努力の一環として、環境に優しい方法でとれ加工されたもので、認証された鰹節を使い始めました。

6月8日、東京近郊横浜に本社を置くKijima Co.は「とショック “伝統日本料理の主要材料である特別なカツオフレークを使用して、6つのレストランの料理の両方を提供し始めました。

この製品は、2019年にロンドンに拠点を置く非営利団体であるMarine Stewardship Councilの乱獲を防止し、サプライチェーンを適切に管理する慣行について認証を受けたYamaki Co.で製作しました。

指定されたファイルの写真は、ポール・アンド・ライン方式を使用したカツオ釣りを示しています。 (写真提供:Yamaki Co.)(教徒)

オンラインの記者会見で、レストラン運営会社のビジネス戦略オフィス責任者である博明木島(Hiroaki Kijima)は、「これは、持続可能性への関心が業務と両立できることを示して重要な進展です。」と言いました。

日本の伝統的な料理であるWashokuは2013年UN教育科学文化機関の無形文化遺産のリストに追加されました。

国連食糧農業機関(Food and Agriculture Organization of the United Nations)によると、全世界の水産物の消費が増加するにつれて、2017年基準で約30%の資源が乱獲されました。

年間カツオ漁獲量も近年約3万トンに増加し、今後の海に残っている漁獲への懸念を呼び起こします。 World Wide Fund for Natureの推定によると、日本は世界のカツオの消費の約10%を占め、大部分は乾燥フレークです。

写真はカツオの部分を示しています。 (ロサンゼルス・タイムズ/ゲッティ/教徒)

YamakiのMSC認証鰹節は、一般的なネット釣りではなく、一度に一匹の大型中山魚をとるために使用されている環境にやさしいポールとライン方式で取れます。

カツオは追跡が可能で、サプライチェーンで認証されていない製品と分離されます。

カツオは新鮮さを維持しながら、加工することにより、フレークから抽出した「再び」スープは豊かな香りとコクの香ばしい風味を持っているとTanakaは言いました。

しかし、Yamakiの認証されたカツオフレークの生産量はまだ限られており、認証された持続可能な水産製品を適切に管理するMSCの要件を満たしているレストランでは、いくつかの本しかありません。

Kijimaは「私たちの努力が、他のレストラン、小売業者や水産業者が将来のために資源を維持するために働くように動機を与えることを願っています」と言いました。

READ  新しい休戦協定が発効アゼルバイジャンとアルメニアの - 時事通信ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close