経済

日本のレストランの予約スタートアップ、国内市場への進出

東京に拠点を置くオンラインレストラン予約サービスであるTablecrossは、主に海外観光客を対象に開始しCOVID-19大流行に国境を国際観光の近くに維持しながら、日本人を対象にサービスを拡大しています。

Tablecrossは、主に様々な日本の都市の海外観光客を対象とするbyFood.comというプラットフォームを介して、レストランの予約を提供しています。 日本料理教室のような食体験を提供します。 プラットフォームを介して行われたすべての予約について同社は、収益の一部を発展途上国の子供たちに与えるために寄付します。

戦略的なスポンサーのオンライン証券Monex Venturesとエンジェル投資家を含みます。 2019年に構築されたこのプラットフォームは、現在の月間訪問者数が45,000人と会社は言う。

Tablecrossの最高執行責任者であるSerkan TosoはCOVID-19勃発後、入国制限に起因する国際的な需要急減により、「旅行やフードサービス産業が最も影響を受ける分野の一つ」とNikkei Asiaに語った。 「次のステップでは、日本人に製品を拡大するために焦点を合わせる。 ” 現在の顧客の40%は、米国でおり、他のほとんどのオンライン訪問者は、オーストラリア、カナダ、イギリスでくるTosoは言いました。 トルコの企業家は、外国人のユニークな日本の食べ物の経験を提供しようとが、海外旅行者に依存することが難しくなりました。

今年、byFood.comは、自動車のサブスクリプションサービスを運営するToyota MotorのKintoとチームを組んで、道路の旅行をしてレストランを探し、若いドライバーにプラットフォームを促進しました。 byFood.comは伝染病のために、より短い旅行が増加する傾向を見ています。

Tosoはまた、以前に外国人観光客を対象にした田舎の旅館ですき焼き料理教室のような日本の顧客に食べ物の経験を提供することを目的とすると述べた。 長期的にbyFood.comはツアー参加者が家に帰ってきた後、職人と農民からの食品を購入することができる電子商取引事業を開始することを目指しています。

byFood.comは日本語でのサービスを拡大しているが、海外旅行者にも引き続きサービスを提供する計画である。 最近、日本料理のビデオチュートリアルを開始して、自宅にいる人々に新しい料理の経験を提供しています。 byFood.comは、以下を含む、約25個のクラスを提供します。 和菓子、または日本のお菓子。

コスト削減策と新しいオンライン授業はスタートアップが初めて利益を出せるように助けた。 5月末会計年度の売上高は、前年比25%増加した。 Tablecrossは2022会計年度に1億円(908,983ドル)の売上高を達成することを目標とします。

READ  前沢優作:芸術が好きな日本の億万長者の宇宙飛行士

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close