トップニュース

日本のレストランの売上高13ヶ月の下落

日本の主要なレストランチェーンの売上高は1年前より3月に減少した。 13ヶ月連続の下落であった。

弱い転換は、主にコロナウイルスと戦うために3月中旬まで持続した状態の2番目の緊急状態の影響からです。

日本食品サービス協会は、売上高が前年比2.9%減少したと明らかにした。 この数値は、ウイルスが拡散される前の2019年3月に比べて19.6%減少しました。

ファーストフードのチェーン店では、別の話でした。 テイクアウト需要に売上高が昨年より3.9%増加した。 しかし、バーや居酒屋は売上高が39.7%急減した。

一方、民間調査会社である東京翔子リサーチ(Tokyo Shoko Research)は、過去1年間の主要なレストランチェーンが678店舗を閉鎖したと発表した。 これにより、全体の店舗数は8,437個で7.4%減少しました。

同社は売上高が200億円(約1億8500万ドル)に達する11のチェーンを調査しました。

現在第三緊急事態が発生した場合、より多くの店がドアを閉めることが期待されます。

READ  mSpyアプリ − 最優秀パレンタルコントロールアプリの再検討

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close