日本のレスリング選手が古代武術をマスターするためにセネガルに移動

Estimated read time 1 min read

セネガル・ティエス(Thies)のほこりだらけの路地で、日本のレスリング選手の大和祥子(Shogo Uozumi)は、大柄な相手に空中に投げ込まれた後、砂場にこぼれていました。

その後、上杉は立ち上がり、ほこりを振り、梁を着て周囲のレスリンググループに再び参加しました。 戦闘態勢に戻ってきた宇津美は笑顔を作った。 昨年、彼はLaambとして知られるセネガルのレスリングスタイルを習得し、地元の選手とオリンピックの形でスポーツの知識を共有するために昨年東京でThiesに取り替えました。

彼は「訓練をする度にますます強くなることを感じる」と息を選んで話した。 「私は私の中で多くの喜びと成長を感じています。」 祖先の戦争意識に根ざしたLaambは、収穫後の趣味からセネガルの国家スポーツに発展しました。 体の戦いと曲芸が混在しており、相手の背中が地面に触れると表示される勝利です。

Uozumiは、2017年に日本の救援機関でセネガルを旅行中にレスリングスタイルを発見し、セネガルのTerangaと日本のOmotenashiとして知られるホスピタリティを含む文化的類似性に興味を感じました。 2022年にセネガロの正社員に移住した後、Uozumiはセネガルで3番目に大きい都市Thiesでレスラーコミュニティと一緒に暮らしました。 彼はまた、2026年の青少年オリンピックの準備を支援している30人の学生からなるアカデミーを設立しました。

Laambレスリング選手であり、Uozumiに最も近い人の一人であるCheikh Badianeは、「彼は自分が食べて生きるのに十分であるだけでなく、私たちのスポーツを発展させることができることを知っていても、十分な報酬を受け取らずに自分の国を去ることが何を意味するのか」見せてくれました」と言いました。 友達。 「どんな対価を払っても彼を助ける」

先月、セネガルの植民地首都であるサンルイで開催されたオリンピックスタイルの全国大会で、ウオズミとボディアンがサイドラインでレスリング選手を指導している間、何百人もの人々が見方を争っていました。 彼らの学生の一人がウェイトクラスで銀メダルを持って家に帰りました。

ティエスに帰ってきた上杉氏は、「セネガル人は家族、友人と一緒に暮らし、このようにお互いを支えています」と語った。 「それは私の文化だ」

(このストーリーはDevdiscourseの従業員によって編集されておらず、シンジケートされたフィードから自動的に生成されます。)

READ  BMXスターマーティン、オリンピックタイトル防衛に集中
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours