日本のレトロなビデオゲームが世代間の復活を楽しんでいます。

Estimated read time 1 min read





2023年12月、名古屋で撮影されたこの写真は、Geo Holdings Corp.のレトロゲームコンピュータコンソールを示しています。 (刑務所)

名古屋(刑務所) – 数十年前にリリースされた日本のビデオゲームが戻ってきて、日本のすべての年齢層のプレイヤーと海外の訪問者の間で人気があり、小売業者は古いカートリッジと互換性のあるコンソールをリリースしています。

中古品取引小売業者であるBookoff Group Holdings Ltd.とGeo Holdings Corp.は、1983年に日本で「Famicom」として発売されたNintendo Co.の象徴的なNintendo Entertainment Systemの古いゲームをプレイできるコンソールを別途開発した。再販されました。 市場は店舗とオンラインの両方で繁栄しています。

8月にGeoは日本でレトロゲームコンピュータコンソールをそれぞれ2,178円(14.50ドル)に発売し、初期在庫3,000台は10月まで完売しました。

再入荷後も売上がしっかりして、近いうちに正規製品として発売する計画だと会社側は明らかにした。

一方、Bookoffは12月にFamicom互換8Bit Compact V2コンソールを1台あたり3,980円に発売しました。

ファミコンの後続作であるスーパーファミコンシステムを含め、同社の中古ゲーム販売も強化されており、2023年5月に終わる会計年度に当該ゲームの販売が前年比約60%増加したと明らかにしました。

顧客は、ゲームの香水を呼び起こすサウンドトラックと低解像度グラフィックに魅力を感じると言い、子供の頃にゲームを楽しんだ一部の人々は、今子供と一緒にゲームをしたいと言います。

グッズの販売店である駿河屋(Suruga-ya)でもレトロゲームが活況を呈している。 運営会社のA-too関係者は「若者と訪日外国人観光客の認知度が高まったおかげで、一部の売り上げが2倍も増えた」と話した。

日本のeコマース企業Mercari Inc.の人気マーケットプレイスアプリでもゲーム取引が活発で、カートリッジの価格が数百円から数千円に至り、珍しいタイトルやゲームの場合は数十万円に達します。 元の梱包に来てください。

READ  2023年東京に新しいハリーポッタースポットが開場する予定
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours