日本のロックバンド、謝罪して「昔ながらの」コロンバス映像公開

1 min read

日本のあるロックバンドがイタリア探検家クリストファー・コロンバスが猿のような男性と一緒に歌うシーンを批判した後、謝罪して新曲とミュージックビデオを撤回したとレコード会社で明らかにした。

「Columbus」のビデオには、Mrs Green Appleバンドの3人のメンバーが歴史的な人物コロンバス、ナポレオン・ボナパルト、ドイツの作曲家ルートヴィヒ・パン・ベートーヴェンを描いた姿が収められています。

それ…

日本のあるロックバンドがイタリア探検家クリストファー・コロンバスが猿のような男性と一緒に歌うシーンを批判した後、謝罪して新曲とミュージックビデオを撤回したとレコード会社で明らかにした。

「Columbus」のビデオには、Mrs Green Appleバンドの3人のメンバーが歴史的な人物コロンバス、ナポレオン・ボナパルト、ドイツの作曲家ルートヴィヒ・パン・ベートーヴェンを描いた姿が収められています。

類人猿のようにできた人々が住んでいる島を発見し、彼らに馬に乗る方法を教えて人力車を引き付ける様子を見せる。

彼らのレコード会社であるユニバーサルミュージックジャパンは、該当映像が公開されてから一日だけの木曜日の声明を通じて「歴史的、文化的背景に対する理解が不足した表現が含まれている」と明らかにした。

バンドメンバーの大森元樹も「差別的な内容を作ったり、悲劇的な歴史を肯定しようとする意図は全くなかった」と謝罪した。

広告 – 続行するにはスクロールしてください。

この映像は奴隷制度と差別に対する同意を込めているという広範なソーシャルメディア批判を呼び起こした。 コロンバスは15世紀後半にヨーロッパ人がアメリカ大陸に侵入し始めました。

ある批評家はソーシャルメディアプラットフォームXに「コロンバスが新大陸を「発見」した英雄だったという歴史観は時代に劣ったもの」とし「コロンバス以後起こったことは先住民虐殺と奴隷制」と付け加えた。

YouTubeのもう一つのコメントには「世界史を全く勉強した人がいませんでしたか?」というコメントが走った。

広告 – 続行するにはスクロールしてください。

kh/pbt

READ  日与党代表竹下渉享年74歳死去
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours