経済

日本のロングセラーヨーグルトのお菓子 モロッコのフルーツ妖精の正体は?

OSAKA – いくつかのスプーンできれいに舐めることができるミニカップに詰め込まれた日本のヨーグルトの試食スナックは60年間愛されてきました。 この毎日新聞記者は、小さな木のスプーンでヨーグルトのような内容物を食べながら甘酸っぱい味を楽しんだ。 ところで、大人になった今、突然一つの質問が浮かび上がりました。 このクリームのような物質は正確に何ですか? 私はこの西日本の都市の「モロッコのフルーツの妖精」の菓子メーカーSanyo Confectionery Co.を訪問し、見つけました。



モロッコのフルーツの妖精のスナックが最初に販売されたときの最初の包装は、Sanyo Confectioneryによって提供されたこのイメージで見ることができます。

モロッコフルーツの妖精は1961年に初めて販売を開始し、県山陽製科社長池田三隆(50)の祖父が開発した。 当時、酒はウイスキーボンボンのようなチョコレート菓子でした。 しかし、夏には溶けて出荷されませんでした。 夏に似合うさわやかな代替品として、ヨーグルトのようなクリーム菓子が誕生した。 彼らはヨーグルトの容器のように見え、木のスプーンが付いています。 製品名は、ヨーグルトが古くからモロッコから食べてきたという参照検索から部分的に出てきたが、それはまた忙しいからである。

ヨーグルト容器の箱と蓋には象の絵があります。 池田会長は、象のデザインは、子供たちが象のように強く、親切で、強く育つことを望む祖父の願いを反映していると述べました。



Sanyo Confectionery President Mitsutaka Ikeda is seen in the city of Osaka’s Nishinari Ward on Oct. 26, 2021. (Mainichi/Satoko Suizu)

序盤には売上が良くなかった。 彼らがピッチングした卸売業者はサンプルさえ受け取らないでしょう。 粘り強い試みの終わりに、最終的に一社で承諾をし、そこから注文が増えた。 Sanyo Confectionaryは最初は夏にのみヨーグルト菓子を販売しましたが、最終的にはウイスキーボンボンの製造を中止し、モロッコのフルーツYogulを単独製品として製造することに集中しました。 現在、1日60,000~70,000個の菓子を生産している。

最後に、私たちは主なテーマに達しました。 このクリームは正確に何ですか? 池田氏は、「簡単に言えば、植物性脂肪から作られたバタークリームのようなもの」と答えた。 私はそれが最終的に驚くほど正常であると思った。 「妖精」は、砂糖、グルコース、酸性化剤などの一般的な成分を植物性脂肪に混合し、ヨーグルトなどの物質にホイップすることによって作られます。 味は初めて出た時と変わらない。 ふたは5色ありますが味は同じです。

池田に後味に残るパクパクな食感が好きだと言ったら「お客様がおっしゃるまでは知らなかった」と言います。 その結果、ヨーグルトの処理は実際に作られた直後にふわふわです。 しかし、時間の経過とともに砂糖含有量が結晶化し、フレークの質感が現れる。 池田は、それが作られた直後にのみ製品を食べるので、これを知りませんでした。

もう一つの魅力的な側面は、カップに付属する小さな木のスプーンです。 子供の頃、私はそれらがその軽食の味の一部であると感じました。



2021年11月8日、大阪北区でモロッコのフルーツ妖精スナックと付いた木のスプーンが見えます。 (Mainichi/Satoshi Hishida)

池田に木スプーンで食べると味がお腹になるようだと言ったら、北海道産白樺と言いましたね。 一食に20円(20セント程度)ほどしかないから国産木材確保費用を聞いてみた。 明らかに、同社は日本の衰退する林業産業に貢献するための努力の一環として、森林伐採から得た木材を使用しています。 材料を大量に注文することで、会社はコストで障害物を解決できます。

同社はまた、もう少し渇望する人々のニーズを満たす製品を持っています。 山洋製菓では、1996年から一般ミニカップ11個に相当するジャンボサイズの凹凸を販売しています。 通常、10個のサイズを購入し、トーストに塗るような顧客の熱烈で粘り強いアプローチから出てきた製品です。 収益性の初期の疑問にもかかわらず、ジャンボサイズの凹凸は現在定期的に販売されている製品であり、パン、アイスクリーム、ヨーグルトで使用できる方法に関するレシピがオンラインになっています。

Sanyo Confectioneryは1959年に設立されましたが、それ以前でも家族はお菓子を製造していました。 池田氏は「第二次世界大戦が終わった後も、子供たちにお菓子を何とか伝えたいという気持ちで暗市場で材料を集めたと聞いた」と話した。 創業家族が生計を立てている状況でも、事業は引き続き子供のおやつを作っていました。



2021年11月8日、大阪北区で5色に包まれたモロッコのフルーツ妖精スナックが見えます。 (Mainichi/Satoshi Hishida)

これらの価値は今日まで続いてきました。 山洋製菓の主要顧客である安価なキャンディーと子供用のお菓子を販売する近所のキャンディーショップが継続的に減少傾向を見せている。 モロッコのフルーツの妖精のスナックは、ユニークなスプーンで勝利すると、さらにもう1つを得ることができる「幸運な」製品のため、主要な小売店でほとんど購入されません。 かつて製作が中断されたという噂が回ったりもした。

それにもかかわらず、池田社長はキャンディーショップで物を買う子供たちについて話して幸せに見えました。 「子供たちが直接スナックを選んで計算し、費用を支払います。私たちの製品が1つのアイテムになり、楽しい時間になってほしい」

(Japanese original by Satoko Suizu, Osaka Editorial Production Center)

READ  日本、バングラデシュの経済特区2つの追加建設計画

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close