スポーツ

日本のワクチンは、2021年東京オリンピック開催の主な障害を不信する

それになるのかないのか、東京オリンピックの質問です。 元2020年7月24日に予定されていたが、今では武漢伝染病により2021年7月24日頃に開催される予定です。 イギリスの新聞The Timesの報道が信じジンダミョン東京オリンピックはいつでもすぐに開催されない場合があります。 新聞は「日本政府は、武漢ウイルスが原因で、東京オリンピックがキャンセルされたと個人的に結論を下した。彼らは今、次の利用可能なサイクルである2032年に都市でのゲームを確保するために集中する」と主張した。

日本はこの夏のオリンピックを開催することを決定ヘトダゴイレポートを廃棄した。 堺学内閣次官は「私たちは、その報告を明らかに否定する。新型コロナウイルスを克服する人類の象徴的な出来事であり、破壊的な北東部で、日本の再建を示すことができる機会である」と述べた。 地震と津波が神。 “

コロナウイルスに関連して、日本の荒廃はいかがでしょうか? 日本は約2週間前に東京地域クラスターの周りに非常事態を宣言しました。 緊急事態は、現在7つの地域に拡大しました。 武漢ウイルス事例が全国で急増しています。 日本はこれまで345,000件を超える事例を記録した。 4700人以上が死亡しました。 専門家たちは、日本が今年安全オリンピックを開催するためには、国民全体に予防接種をしなければならないと言う。 日本には大きなワクチン不信があります。

悲劇の歴史

最近の調査では、回答者の48%が予防接種を望ん事実が明らかになりました。 なぜ? 歴史はその質問への答えを持っています。 1948年、日本は誤ったジフテリアワクチンで多くの赤ちゃんを失った。 1989年に、いくつかの子供たちは、MMRワクチンを接種した後、無菌性髄膜炎にかかりました。 1992年に日本の裁判所は、ワクチン関連副作用について政府に責任を聞きました。 1994年、日本は義務接種を廃止しました。

日本は武漢ウイルスワクチンの接種を開始していない。 1億2,700万人の予防接種が必要です。 日本は6カ月以内にどのようにでしょうか? Pfizer、AstraZenecaとModernaと取引進行中です。 政府は、このプロジェクトのために140億ドルを別々に保管していました。 しかし、予算にも必要なのは時間です。

レポートによると、日本の予防接種プログラムは、2月頃にスタートし、ほとんどの国と同様に、東京都最前線の医療スタッフに、まず予防接種をすることです。 しかし、旅行やホスピタリティー部門はいかがでしょうか? ほぼ200カ国から来た11000人を超える選手がこのゲームのために飛んで来ることができます。 主催者側は2月または3月頃に観衆が競技に参加できるかどうかについての電話を受けることです。 主催者とボランティアはいかがでしょうか? できるだけ早く接種してはならか? このゲームは、また、どのように安全ですか?

経済的コストや人の命?

難しい質問です。 オーストラリアのオリンピック委員会マットキャロルの代表は、「残念ながら、東京オリンピックの噂がキャンセルされた。噂は選手たちに大きな不安を抱かせるものである。東京オリンピックは続いている。炎が点灯だろう」と述べた。 2021年7月23日。 “

事実、ゲームが起こらなければIOCはポケットに穴が生じます。 ゲームは米120億ドルのコストで計画された。 膨大な経済的損失があるでしょう。 しかし、人々の生命と安全のリスクはいかがでしょうか? Kyodo Newsが最近実施した調査によると、日本人の80%は、オリンピックがキャンセルされたり延期されることを望んでいる。 東京オリンピックCEOは世論を変えるためにワクチンに依存しています。

東京オリンピック2020代表武藤敏郎(Toshiro Muto)は「新型コロナウイルス感染症がますます広がると、人々が心配するのは当然である。状況が改善されて世論も改善されることを望む。

東京オリンピックは、日本に一生に一度の機会だが、武漢ウイルスは一生に一度の危機でもあります。 日本が試合キャンセルを強要しても恥じることがない。

READ  Jまた、不祥事」の存在意味がない状況」村井C悲痛 - J1:日刊スポーツ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close