トップニュース

日本のワクチンプログラム責任者、5月にリリースレポートを拒否

日本のCOVID-19の予防接種プログラム局長は去る5月、一般人のための予防接種が、5月から開始することができているという報道を否定した。 日本が記録的な数の感染と深刻な事例をもたらした第3の波に対抗しているからである。

公営放送NHKをはじめとするメディアは、政府に近い匿名の消息筋を引用しワクチン接種が、5月に大衆に伝達することができると述べた。

「いいえ、NHK、そんな予防接種計画を絞らないでください。 今週のワクチンの発売を主導するために選抜された河野太郎行政改革大臣は、Twitterで語った。

読売紙は7月23日に開始される東京2020オリンピックを控え、政府が7月までの人口のほとんどを接種することを目的としていると述べた。

政府は2月末に開始すると予想されているワクチンプログラムで医療従事者、高齢者や既存の病気を持つ人々を優先すると言ったが、それ以上のスケジュールを提供していませんでした。

加藤甲信閣僚は日ニュースブリーフィングで「ワクチンが承認された後に、より多くの人口のためのワクチン接種スケジュールが決定されるだろう」と述べた。

菅義偉首相がワクチンが安全オリンピックの鍵と言った点を勘案すると、キャンペーンの時期は特に重要です。

日本はワクチンが規制当局の承認を受けた最初のワクチンになると予想されているPfizer Incを含む、複数の西洋開発会社から5億4,000万回を購入することを決めました。

日本は2021年、ファイザーワクチン1億4400万回を購入する契約を締結したと保健省は水曜日明らかにした。 これは、以前の合意で2,400万線量増加です。

日本は345,060件のコロナウイルスの例と4,749人が死亡したとNHKが報道した。

共同通信によると、死亡者数は、多くの国に比べて減少したが、火曜日に初めて毎日死亡者数が100人を突破し、重症人の数は過去最高の1,001人に達した。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  エディオンでPS5抽選販売申込受付は本日12月13日23時59分まで! - GAME Watch

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close