経済

日本の万華鏡自販機の画期的な瞬間コロナウイルスの大流行



この写真は、2021年1月25日、福岡県高価であるCafe&Bar Soil Kitchenから1月に設置した手作りのお弁当自動販売機です。 (毎日/青木恵美)

KITAKYUSHU、Fukuoka-日本全域のレストランがコロナウイルス感染症が原因で営業時間を短縮することにより、いくつかの企業は、自動販売機でお弁当の食事と乱れ、様々な項目を24時間販売しています。

一部の事業者は、合理的なコストでお客様に自動販売機をリースして製品の販売のノウハウを提供しています。 これにより、以前に自動販売機装置を配置した経験がない一連の会社が従業員や顧客を密接にリンクしていなくても、製品を販売することができました。 コロナ19の時代に新たなビジネスモデルとして注目されている。

福岡県の高価なCafe&Bar Soil Kitchen前の自動販売機は、タルタルソースをかけた揚げ、韓国料理の調味料などの肉中心のレストランで人気のあるメインディッシュにお弁当を含む商品を販売しています。 甘くてスパイシーなソースで味付けしたフライドチキンと醤油で味付けした率リンジー中国フライドチキン。 価格はそれぞれ500円(約$ 4.60)です。 お弁当が凍りついて飛び出し、電子レンジで再び温める「飲食店の味」を楽しむことができます。

42歳のSoil Kitchenのオーナーは、「コロナウイルス感染症が終わるまでは長い時間がかかるだろう」と言いました。 「事前に考えて、新たなビジネスモデルを探して思いました。」

2020年4月の最初のコロナウイルスの緊急事態が発令されたとき、彼は営業時間の短縮による収益の減少をカバーするためにフードトラックを配置したが、トラックを操作することができるところの交渉が難しいという事実を知ることになりました。 彼はまた、従業員と顧客との間の接触を防ぐことができませんでした。



この写真は、2021年1月25日、福岡県高価であるSoil Kitchenの自動販売機で購入したトマトを入れた鶏肉炒め弁当お弁当です。 (毎日/青木恵美)

そこから彼は自動販売機設置の準備を始めました。 彼は今年1月に福岡県の第二の緊急事態のために閉鎖時間を深夜から午後8時増やすた1月の1つをインストールしました。 家に帰ってくる働き人と閉店時間前までレストランに行くことができない人々に大きな人気を集め、日中のお年寄りは、レストランに入らなくても、簡単に食事をすることができ、喜んでいた。

自販機はレストランの新しい中心収入源になることができると同時に密接な接触を減らすことができます。 県庁久留米市に本社を置く自動販売機リース会社イメージした新しい自動販売機を強化すると同時に、既存のモデルを確立し、維持している。

の一つは、福岡博多区で明太子を販売している博多菅谷です。 日本でコロナ19が流行する前の2020年2月から店頭の前の自動販売機を介して明太子と明太子スモークスープの販売を開始しました。 最初は開店時間前に店を訪れた観光客のためのお土産として商品を提供することを目的としたが、感染が広がり、博多菅谷で食べ物を購入する顧客の数が急減しました。 それ以来販売、前年比3分の1以下に低減することにより、自動販売機は、収入の中心となりました。

63歳のシュガー博文社長は自動販売機への反応について「自動販売機は、私たちの最小販売目標を達成するのに役立ちました。」と言いました。 「自動販売機で商品を購入した顧客が後で通信販売をする場合がありました。 ” 彼の店は近くの都市グルメに第二の自動販売機を設置しました。



この2021年2月22日の写真は、福岡県久留米で現地企業で生産した唐辛子油、蜂蜜、マスクなどを販売している「まるで」自動販売機です。 (毎日/青木恵美)

イメージした、顧客に自動販売機を介して新たな販売チャネルを開く方法についてアドバイスして温度制御とスロットサイズを調整して、製品に合わせて調整します。 同社はまた、10,000〜20,000円(約$ 92〜184)の低い月の家賃を介して新規参入者に救いの手を与え手作りクレープ、カットフルーツや蜂蜜など、さまざまな食品の販売に参加しました。 この会社は、それがメディアに登場したながら、昨年秋から自動販売機を導入しようとする潜在的な顧客から多くのお問い合わせを触発させた。

去る1月イメージしたは地域の企業から製品を販売している「まるで自動販売機」で月に1,000円(約$ 9.20)に、個々の自動販売機スロットを借りることになりました。 唐辛子油、マスクなどを販売する10社が既に登録しており、イメージしたは、引き続きより多くのビジネスを受け入れている。 長崎、山口、東京など他県にも自動販売機を設置する計画だ。

真一堤(37歳)社長は、コロナウイルス感染症がもたらすストア事業の変化を見込んでいます。

「自動販売機のコストパフォーマンスは、特定の条件を満たしている限り高くなります。」と彼は言いました。 「コロナウイルスの拡散に多くの企業が活力を失ったが家賃や人件費などのコストを削減しようとする動きが加速化されるでしょう。自動販売機の需要は増加しています。」

(九州新聞部青木恵美)

READ  日本は中国との有益な経済関係を大切にします

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close