トップニュース

日本の三菱マテリアルズを相手にした強制徴用被害者に対する裁判所の判決

(123rf)

韓国の裁判所は水曜日、日本の三菱マテリアルズ(Mitsubishi Materials Corp)を相手に提起した損害賠償訴訟で、日本で強制徴用された被害者の判決を下した。

ソウル中央地裁は1941年から1945年までと李さんの日本炭鉱強制労働対価として三菱マテリアルズに1億ウォンを要求した故・李氏の遺族に対して有罪を宣告した。

李さんは、その5年の間に、日本炭鉱で強制的に仕事したと主張した。 遺族は2017年2月、会社を相手に損害賠償訴訟を提起した。

今回の判決は、2013年、新日本製鉄が韓国人原告4人にそれぞれ1億ウォンの賠償金を支給するように控訴審判決を確定した2018年10月の最高裁の画期的な判決とは対照的になる。 労働と無給労働。

今回の判決は、去る6月、ソウル裁判所が韓国人被害者85人とその家族が日本企業16社を相手に提起した損害賠償訴訟を棄却し、原告に訴訟権がないと判決した後、出てきたものである。 被害者は控訴を提起した。

日本は個人賠償を含むすべての植民地時代の問題が1965年の日韓条約で解決されたと主張した。 (連合)

READ  五輪2ヶ月前、アメリカ、COVID-19による日本の旅行禁止勧告

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close