トップニュース

日本の与党、合意が難しいLGBT法案放棄

日本の与党である自由民主党は金曜日性少数者に対する国民の意識を高めるための立法を放棄し、自国内で反対を克服することができないことを証明した。

自民党総会の議長である佐藤勉は記者会見で、現在会期の通過は “不可能”と述べた。 レズビアン、ゲイ、バイセクシャルやトランスジェンダーをサポートする法案は6月16日のセッションが終了する前に提出されません。

法案通過のための自民党の長期的な努力は、党の右翼の強い抵抗に直面しています。 支持者はこの夏、東京オリンピック(多様性と団結を祝う行事)が突破口のための十分な推進力を提供することを希望しました。 しかし、最終的に党はメンバーからの十分なサポートを受けることができなかった。

この法案は、自民党の草案に基づいて政党間の議員グループによって作成されました。 野党の求めに応じて、「性的指向と性同一性に基づく差別」を容認しないという目標を明示しています。

佐藤は法案が提出され、秋には、次の会期まで議論が続けば、10月に下院の任期が満了すると、完全に廃棄されることがあると懸念した。

「現在の状況で提出すれば、今までのすべての作業が無駄になります。」とSatoは言いました。

党の保守的な議員は「差別は容認されてはならない」は、法案フレーズに疑問を提起し、訴訟に水門を開くことができると主張した。 いくつかは、この法案が「左派活動家」によって悪用されると述べた。

自民党議員Kazuo Yanaは、当私の問題について無感覚な事例として言及された事件で、LGBTの人々が「種の保全」に反対すると先週のパーティー会議で述べたと伝えられる。

ラング破損しは金曜日続きました。 一部の議員は、「人々が苦しんでいる」と「私たちは、十分な議論をしたので、「クイック措置を要求しました。 しかし、反対者たちは、「差別の範囲」を定義するのと同じ技術を打ち出した。

「総会は全会一致ルールを持っています。私たちはそれに到達することができませんでした」とSatoは言いました。

野党である憲法民主党は提案された法案を支持しました。

福山哲郎あたり事務総長は、「今日の結果に非常に失望した」と述べた。

READ  【速報】ウォン襟の花がトップで、バックナインにフルに1打差渋野3打差 - ゴルフダイジェスト・オンライン

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close