スポーツ

日本の与党議員、大流行に対応不満の中に緊急憲法条項

リンダ勝利

日本の与党議員たちは、封鎖がほとんど自発的な順応を伴う、日本の与党議員たちはCOVID-19大流行が前後憲法を修正して、内閣の危機のための広範な権限を付与する勢いを構築することを希望します。

そのようなステップが長年来ないかもしれないが、この議論は伝染病の中で新たな関心を集めています。 コロナウイルスに対する政府の対応に対する大衆の不満は、緊急事項の支持を獲得した先月Kyodoキャリアの調査では57%が賛成しました。

感情の変化は、議会が憲法の変更に関する国民投票を開催する法を改正する準備をすることにより発生します。 改正の目的は、投票所へのアクセスを改善するなどの投票をより容易にすることです。

しかし、今月通過すると予想される改正は、菅義偉首相の自由民主党議員が国家非常時内閣が市民権を制限できるようにする憲法改正を必要とするものと一致します。

そのような修正に必要な国民投票は、両院の3分の2が賛成した後にのみ開くことがありますが、これは世論が分裂している高いハードルである。

米国憲法を第2次世界大戦で屈辱的な敗北の象徴として見る保守主義者たちは、長い間、憲章の平和主義第9条を修正することを望んでいるきました。 しかし、伝染病は、緊急条項に関心を回した。 憲法は1947年に発効されて以来で変更されていない。

支持者たちは伝染病、敵の攻撃や災害などの危機に対処するための緊急の規定が必要であると言います。

自民党の芝山雅彦次官は、憲法が公共の福祉を保護するために、個人の権利を制限する法案を通過させることを許可しますが、突然の危機にあまりにも多くの時間がかかることができると述べた。

そのような状況で、彼はロイター通信に「政府が法の力で命令を下すことができない場合は、人々の命を守ることができない」と述べた。

批評家は、自民党の提案が内閣にあまりにも多くの譲渡すると言います。

明治大法学教授のローレンス・レ・ペタ元明治大法学教授は、「緊急時の規定は、内閣が内閣自体が宣言される緊急事態の間に秘密の政府を作成する権限を付与する」と述べた。 「それは、今日の私たちが持っている憲法の民主主義とは正反対である。」

東京都大学の木村サラソタ教授と他の学者や医療専門家は、憲法上の欠陥が日本の感染症へのアクセスを妨害したの提案を一蹴した。

慶應義塾大学のヨコダイも智教授は「緊急条項がないことCOVID-19対応がうまくいかなかった理由だと考えていない。問題は、無能政治家である」と述べた。

シュガーは、経済への影響のために大変な措置を警戒した。

修正案が有権者にどのくらいの速適用できるのかは不明です。

自民党と同盟国は、まず、今年の選挙で3分の2の下院多数決を維持する必要があります。 そして改正された法律に基づいて議員は3年以内に選挙運動の前に広告の制限を決定する必要があります。

広告の問題が解決される前に、修正案の議会の承認を求めることは「政治的に難しいだろう」とベテラン自民党議員船田肇はロイターに語った。

(Linda Sieg見て、Gerry Doyle編集)

READ  原口健康 "正直また一つという感じ」日本代表は、「2年前」を克服できるか - サッカー日本代表 - Number Web

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close