トップニュース

日本の世界最大の金塊、ウクライナ危機で価値が急上昇

ウクライナの危機が不安定になり、商品価格が急上昇し、世界最大の金塊の価値が22億円(1,710万ドル)以上に増加しました。 これは日本中部テーマで初めて展示された時の価値より5倍以上増加したものです。 2005年公園。

250kgの金塊が静岡県伊豆市にある土井金鉱テーマパークに展示されています。 この金塊は2005年に公園運営者の親会社で製錬され、同年ギネス世界記録に世界最大規模で認定されました。

提供された写真は、静岡県伊豆市にある土井金鉱テーマパークに展示された世界最大の金塊を示している。 (写真提供:土井金鉱)(刑務所)

このバーは2005年7月に公開され、当時の価値は約4億円でした。

金塊メーカーのTanaka Kikinzoku Kogyo KKによると、水曜日現在の金1gの価値は税込8,969円です。

金は一般的に危機の状況で富の安全な貯蔵庫と考えられ、コロナウイルス感染症とロシアのウクライナ戦争による不安定の中で価値が高まっています。

最近、世界的に取引されている金属の国際指数である米ドルに対する日本円の弱さにより、バーの価値も上昇しました。

1965年に採掘作業を終了した土井金鉱は、一生の間日本で最も生産的な鉱山の一つでした。

以前のサイトのテーマパークは、訪問者に鉱山の歴史を紹介し、彼らに鉱山のいくつかのトンネルを探索し、金を掘る機会を提供します。

訪問者はアクリルショーケースの穴を通してバーに触れることができます。 公園は、バーに触れると、訪問者の財政的幸運が増加すると主張するソーシャルメディアプロモーションの価値の上昇を捉えました。

国分あゆみ公園の関係者は「価格がどれだけ上がるか予測できない」とし「早く世界がもっと安定してほしい」と話した。

READ  サントリー、5月に限定、日本のウイスキー2種発売

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close