日本の世論は9年ぶりに中国に対して最も否定的に変わった

Estimated read time 1 min read

(ブルームバーグ) – シンクタンクであるGenron NPOが8月と9月に行った調査で、日本国民の中国に対する見解は2014年以来最も否定的でした。

今回の調査で日本部門の回答者の92%以上が中国に対する印象が「良くない」と答えた。 これは昨年87%から増加した数値で、2005年の年次調査が始まって以来2番目に高い数値だ。 中国の回答者は、日本に対して否定的な見解を持っていると答えたが、昨年とほぼ似ていた。

この広告はまだ読み込まれていませんが、あなたの記事は以下に続きます。

今回の調査は、日本が破損した福島原子力発電所で処理された排水放流を始めた直後に行われました。 中国政府は国際原子力機関(IAEA)が安全だと明らかにした海産物の放出に反対し、日本産水産物の輸入を禁止した。

岸田文夫首相政府は、日本の最大の貿易パートナーである中国との安定的な関係を維持するために、中国とこの問題について専門家会話を模索しました。

両国関係の回復を妨げる要因が何なのか尋ねる質問に、日本の回答者の36.7%が排水問題を挙げ、中国人は5.8%だけがその問題を挙げた。 去る8月末、日本は放流に対するいじめが何度も報告された後、市民に中国を訪問する際に予防措置を取るように警告しました。

福島の処分に対する中国の対応は、感染症以来旅行が自由になり、観光客が日本を遠ざける可能性があるという懸念を呼び起こしました。 日本を訪問したいかと尋ねる質問に答えた中国人の約58%が訪問しないと答えました。 日本の回答者のほぼ80%が中国を訪問したくないと答えました。

中国は、日本の観光が感染症以前のレベルに進むのを助けます。

日本について肯定的な見解を表明した中国人のうち、過去1年間でその理由が変わり、日本の先端技術、高い製品品質、経済発展を理由に回答者の数が急減しました。 良いマナーと強い職業倫理は、最近の世論調査で選ばれた上位2つの要素でした。

ゲンロンNPOと協力団体は9月2~24日、日本人1000人、8月18日~9月15日、中国人1506人を対象にアンケート調査を実施した。 1.

READ  2024年を眺めながら、Bidenは成功したNATOサミットを宣伝します。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours