スポーツ

日本の世論調査は、コロナウイルスの数が増加するにつれて、膨大な半オリンピック感を示しています

発行日:

世論調査によると、日本国民の80%以上がコロナウイルス感染症が原因で、今年の夏、東京オリンピック開催に反対することがわかった。

この調査は、菅義偉首相、政府がコロナ19の拡散を防ぐための戦いの一環として、すでに緊急事態に直面している6つの地域に3つの地域を追加した後の実施された。

オリンピックマラソンが開催される北海道北部の島と日本の西の広島と岡山は東京と大阪を含むリストに上がった。

2020年1月以降、ほぼ70万人がコロナウイルスに感染し、ほぼ12,000人 死者

最近の事例が急増し、医療専門家は不足と排出について繰り返し警告し国の医療システムに圧力ウルガました。

悪化する状況にもかかわらず、 オリンピックゲーム – 去年の夏から延期された – 強化された保健規定にイベントが安全に行われることができると主張する。

怖さ

しかし 朝日新聞 毎日、回答者の43%は、ゲームがキャンセルされることを望んでいる40%は追加の演技をしたいと答えました。

この数値は、1ヶ月前の新聞の調査でキャンセルを支持した35%と追加遅延を望ん34%よりも高かった。

朝日の世論調査によると、3,191件の電話通話で1,527個の応答として、オリンピックが予定通りに進行されるべきだと考えている人は14%に過ぎなかった。

ゲームが進むと、回答者の59%が観客を望まない答え、33%はより低いファンの数を支持し、3%は通常の庭のゲームを支持しました。

数ヶ月の間に、日本の世論調査の結果、多数が、今年の夏(7月23日 – 8月8日)オリンピック開催に反対することを示している。

日曜日に発表された共同通信の独立世論調査によると、59.7%のキャンセル率が示されたが、追加の演技はオプションとして表示されていない。

請願

オリンピック主催側は、定期的な選手のテストと海外ファンたちの禁止がオリンピックを安全に守ること言いました。

しかし教徒世論調査では、回答者の87.7%が運動選手の流入が多くの問題をもたらすと懸念と答えました。

アンケート調査の結果シュガーがアンチコロナウイルスのリリースへの批判​​に直面しながら出てくる。

教徒の世論調査では、回答者の85%がリリースさ遅いと考えており、71.5%は政府の大流行の処理に不満を示した。

シュガーは5月末ウイルスの状況を評価し、追加の拡張の可能性を決定すると述べた。

先週の金曜日、主催者は、東京知事百合子小池にオリンピックキャンセルを要求する35万人以上の署名がある請願書を提出しました。

今月初めに開始された請願は、感染症が原因で財政支援が必要な人々にゲームに費やしたお金がよく使用されると言いました。

READ  英国とアイルランドのライオンズ援軍が日本との試合を控え到着| ラグビーユニオンニュース

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close