トップニュース

日本の並木月見、女子ボクシングフライ級銅メダル獲得

日本の並木月見が東京オリンピック女子ボクシングフライ級銅メダルを首にかけた。

千葉県(22)は、国の機関アリーナで行われた準決勝で、ブルガリアのストイカゲルリャジュコバテーションクラステバに全会一致判定で敗れ、銅メダルを獲得した。

日本の月見並木(赤)、ブルガリアのStoyka Zhelyazkova Krastevaが2021年8月4日局機関アリーナで開催された東京オリンピックのボクシング女子フライ級準決勝で戦っています。 (教徒)

並木のメダルは、火曜日入江セナがフェザー級決勝で金メダルを取ったのに続いて、今回の大会女子ボクシングの日本の第二のメダルある。

バンタム級世界銀メダルをダブル獲得したテーションクラステバは、トルコが準決勝で、台湾のファンシャオーウェンを折った後、金を置いてBuse Naz Cakirogluと対決します。

READ  コルシカや出身のIra Brown、日本の3:3のオリンピックチームで活躍| スポーツ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close