経済

日本の中国食品チェーン店は、レストランにスラグの問題があり、猫を屋外で育てたという事実を認めています。





2022年7月27日大阪で撮影したこの写真は、保健所が大阪大正に指摘した衛生改善項目の一覧を示しています。

OSAKA – 北東部仙台市のある中華レストランで自宅で猫を育てたと、フランチャイズ運営会社であるOsaka-Ohsho Co.がソーシャルメディアで非難を受けた後、7月27日に認めました。

7月24日、ソーシャルメディアに上がってきた主張に続き、保健所で該当レストランを点検した。 検査の結果、ナメクジは発見されなかったが、湿った状態でナメクジが入ってきたという事業体から保健所から届出を受けたと伝えられた。

さらに、2019年10月から2022年6月の間に、そのレストランで猫を屋外で育てたことが明らかになりました。 外部機関の衛生検査を控え、食堂から動物を別の場所に移したため、フランチャイズ本社はこれを認知できなかったようです。

オペレーターは、そのレストランが保健所から入口にスクリーンドアを設置し、動物の飼育を控えるように指示されたと発表しました。

大阪大堂は「再発防止のための徹底した対策を講じるとともに、衛生管理を強化し救済作業を行い、害虫侵入防止対策を講じる」と話した。

(Osaka Business News Department, Tatsu Shinguの日本語オリジナル)

READ  英国航空母艦、中国の懸念の中に訓練のために来日

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close