日本の中島、インディアンオープン制圧してDPワールドツアー初優勝

Estimated read time 1 min read

全世界アマチュア1位の中島慶太がインドで初のDPワールドツアータイトルを獲得しました(グレゴリーシャムス)

日本中島慶太(Keita Nakajima)が日曜日のインディアンオープンで連続優勝を獲得し、自身の最初のDPワールドツアータイトルを4打目に引き上げました。

中島(23歳)は同僚のインディアン・ビア・アワワット(Veer Ahlawat)と共に17アンダー波総計271打を記録した。 スウェーデンセバスチャン・ソダーバーグ(Sebastian Soderberg)と米国のヨハネス・ビアマン(Johannes Veerman)が13アンダー波の共同2位を占めました。

元アマチュア世界1位の彼は、ニューデリー近くのDLFゴルフ&カントリークラブでラウンドが終わるたびに先頭を走っていたし、最後の日からマレーシアのギャビングリーンを相手に4打車クッションを持っていました。

欧州大会で優勝した5番目の日本選手となった中島は「本当に気持ちがいい」と話しました。

「少し緊張していて、白ナインは大変でしたが、素晴らしいショットを打ちました。

「幸いなことに、今週の第9ラウンドと初期ラウンドで強力なプレーを繰り広げたおかげで、銀行にいくつかの打撃を与えました。

「今回のツアーでトップ10の中に入るよう努め、2025年にはPGAツアーに進出したいと思います」

中島は問題なく最後のラウンドを開始し、ターンで9打目のリーダーを獲得しました。

しかし、14番ホールのダブルビューを皮切りに白ナインで悩んだ。

彼は20フィートの高さのホールを沈め、次のストロークで1ストロークを取り戻しましたが、3回の連続グリーンを見逃して最後の3ホールでそれぞれ見て、ワンオーバーファーラウンド73打を記録しました。

Soderbergも最後にシュートを落として67打を打ったが、Ahlawatは18日にイーグルパットを成功させて71打と4つのビューを記録した後、2位を占め、ホーム観客に応援を送った。

Veermanは見えない67打で締め切りましたが、Greenは2オーバー波74打に脱落しました。

去る2月カタールマスターズで星野リクヤが優勝した後、DPワールドツアーで日本人が多数優勝したのは今シーズンが初めてだ。

fk/pbt/dh

READ  日本、アジアカップ6ゴールスリラーでベトナムを破る - スポーツ
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours