経済

日本の中核機械注文、驚くべき2桁の成長

  • 4月のコアオーダー +10.8% m/m vs f’cast -1.5%
  • キーオーダーは、2020年10月以降の最速のスピードで増加します。
  • 製造注文+10.3%、サービス注文8.9%
  • 政府は、注文に対して見解を高め、注文を受けていると言います。

東京、6月15日(ロイター) – 4月、日本の中核機械注文が18ヶ月で最も速いペースで予想外に増加しました。これは確実な状態を維持したからです。

鋭意注視している企業投資指標の急増は、日本企業部門とグローバルインフレと24年最低値への急激な円の下落に直面したより広い経済に良い兆しです。

今後第2~第3四半期の資本支出の初期指標とされる変動性の大きいデータシリーズである核心機械注文は、4月に前月より10.8%増加し、2020年10月以降最大の月間成長を記録したと内閣府データが明らかにした。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

これは1.5%下落するというエコノミストの予測中央値よりはるかに高く、3月には7.1%上昇した。

ノリンチュキン研究所の南武志首席エコノミストは、「ウクライナ戦争や中国の封鎖などのグローバルサプライチェーンへの懸念と利益へのインフレ圧力にもかかわらず、強い数値」と語った。

水曜日に発表されたデータによると、メーカーの機械注文は、電子機械、情報技術、自動車部門が主導して10.3%増加しました。

政府関係者は4月のブリーフィングで「半導体機器関連業種は投資が盛んに行われ、完成車メーカーは肯定的に変わった」と話した。

サービス会社の注文は、輸送および金融会社の強い需要に支えられ、8.9%増加しました。

4月の外部注文は52.1%増加し、2021年2月以降最大の成長を記録した。

1年前と比較すると、海運および電力ユーティリティのボラティリティを除く主要注文は4月に19.0%増加しました。

政府は12月以降初めて機械類の注文に対する評価を上方修正しながら上昇傾向を見せた。

世界で3番目に大きい経済は、コロナウイルス抑制で民間消費が停滞し、1~3月四半期に連換産0.5%減少しました。 アナリストたちは今四半期、日本の反騰に対する下方リスクとしてサプライチェーンの崩壊を挙げた。 もっと読む

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

小宮関太郎の報告。 Sam Holmesによる編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  金正恩、党員に経済再建を促す

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close