トップニュース

日本の中部温泉地の地すべりの死者15人に増え

今月初め、東京の南西部熱海温泉リゾートで、大規模な地滑りによる死者が15人に増え、14人がまだ行方不明になったと、現地当局が日曜日明らかにした。

2021年7月13日、大雨による致命的な地滑りが発生した後2021年7月13日、日本中部静岡県の温泉リゾート熱海での捜索作業が続けられています。 (教徒)==教徒

救助隊員は、7月3日に新たに確認された死者2人のほか、地すべりが発生した地域で、別の遺体を発見したが、静岡県熱海市の関係者によると、この人の死亡が災害によるのかはまだ知られていなかった。

約1,300人の警察、消防、および自衛隊職員が地滑りの現場を続け調査しており、専門家は、斜面に積もった土が豪雨のために解かれたものと見ています。


関連範囲:

シュガー首相、地滑り現場訪問に総力

日本の中部大型地滑り死者10人に増え

熱海地滑りのピザが宿泊施設から元を受けています。


READ  トランプ2日の酸素または「今後48時間が重要」 - 朝鮮日報

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close