日本の主要企業、給与5.58%引き上げに合意

0 min read

日本経済連盟(経団連)が1次集計したところによると、日本の主要企業は今年の春労使賃金交渉で月給を平均5.58%、すなわち1万9480円引き上げることに合意した。

月曜日に発表されたこの結果は、昨年の3.91%引き上げ率(13,110円)をはるかに上回り、最初の平均賃金引き上げ率が4.78%(12,893円)に達した1992年以来初めて4%を超えました。 賃金引き上げ額は1976年現行集計方式を導入した以後最高値だ。

軽鍛錬関係者は、今回の調査結果は、賃金引き上げの勢いを強化するという企業ロビーの要求が及ぼす影響を浮き彫りにしたと述べた。

今年の賃金交渉で、労働界は物価上昇と人力難を理由に昨年よりも大きな賃金引き上げを要求した。 多くの主要企業がこれらの要求を完全に受け入れています。 一部の企業は、組合が要求したよりも高い賃金の引き上げを約束した。

貨物運送業を除く15の業種企業は昨年より賃金を引き上げることに合意した。

鉄鋼産業の平均賃金引き上げ率は12.04%で、昨年は2.77%を大きく上回った。 昨年まで、鉄鋼業界の主要企業は2年に1回ずつ賃金交渉を行った。

平均賃金引き上げ率は機械金属業が5.22%から6.85%に、造船業が3.67%から6.07%、非鉄金属業が4.31%から6.02%に上がった。

一方、貨物輸送部門の平均引き上げ率は4.00%から3.13%に低下した。

今回の集計には、22の業種244の主要企業を対象としたアンケート調査に回答した16の業種89の企業が含まれた。

経団連は夏に最終集計結果を発表する予定だ。

READ  ロシアとウクライナの戦争に関する最新ニュース
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours