日本の主要企業ロビー、企業に4%以上の賃金引き上げ要求

Estimated read time 1 min read

日本最大の経済界ロビーである軽鍛練は、主要企業に今年よりも強い情熱と決断力を持って賃金引き上げを検討するよう促す計画だと月曜日の賃金交渉指針草案が公開し、4%以上の賃金引き上げを模索するという意向を示した。

今年の主要会員会社の平均賃金引き上げ率は3.99%で、31年ぶりに最高値を記録した。 ガイドライン草案には印象の数値目標は含まれていませんが、2024年を「持続可能な賃金引き上げを達成するための非常に重要な年」と定義しました。

徳良正和日本経済人連合会会長が去る9月の記者会見で来年の賃金引き上げが4%を超えるだろうという期待を明らかにした後、このような動きが出た。

ロシアのウクライナ戦争や円安が原因で、ガソリンから食品まで全ての製品の価格が上がり、消費者が長期間のデフレに慣れてきた日本では、ついに賃上げモーメンタムが大きくなっています。

日本政府は企業に物価上昇率を超える速度で賃金を引き上げ、経済を支えることを求めてきました。

日本最大労働団体レンゴは去る10月次の順土交渉で最低5%の賃金引き上げを要求すると明らかにしたが、これは今年目標した「約5%」目標よりも強い表現だ。

軽鍛練指針草案によると、物価上昇時の定期賃金の引き上げに加えて賃金の引き上げも「重要な選択」と見なされるべきであり、構造的賃金の引き上げに寄与するのは企業と軽鍛練の役割だ。

企業系ロビーでは、政府と日本銀行に適切なインフレ水準を実現する方向に通貨政策を調整することを要求するものと予想される。

この指針はまた、日本の労働者の約70%を雇用している中小企業の賃金引き上げが、全国的に賃金引き上げのための勢いを構築するために不可欠であると明らかにしました。


関連プレス:

FOCUS:「税金引き上げメガネ」を押して、政府の物語を売ろうとしています。

日本は17兆以上許容。 インフレ衝撃緩和のための円安パッケージ

FOCUS:収益率の手綱を緩めた後、BOJを待つ長い解放方法


READ  エネルギー効率の元リーダー、日本は魔法の手を失います。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours