理科

日本の主要鉄道は現在、再生可能エネルギーでのみ駆動されます。

東京の渋谷は、日本の都市の混雑と匿名性を象徴するシーンで、人々が交差点を十字形に交差するスクランブル交差点で有名です。 別の自慢する権利が追加された可能性があります。

4月1日より、渋谷や他の駅を走る東急鉄道の列車が太陽熱やその他の再生可能資源でしか生産されない電力に転換されました。

つまり、東急の7つの路線と1つのトラムサービスで構成される巨大なネットワークの二酸化炭素排出量は現在ゼロになり、飲み物の自動販売機、セキュリティカメラの画面、照明を含むすべての駅で環境に優しいエネルギーが使用されています。

3,855人の従業員を雇い、東京と近隣の横浜を結ぶ東急は、この目標を達成した日本初の鉄道事業者です。 二酸化炭素減少量は、日本の5万6000世帯の年間平均排出量と一致する。

ミチガン州立大学の鉄道研究・教育センターの鉄道教育責任者であるニコラス・リトルは、再生可能エネルギーを促進した東京を賞賛するが、再生可能エネルギーの収益を高めることが重要であると強調した。

彼は「再生エネルギー支援の電力生産増加がより大きな影響を与えることを強調するだろう」と述べた。 「長期的な戦いは、再生可能な電気の生産を増やし、それを消費場所にもたらすための送電インフラを提供することです」。

東急列車で使用される技術は、鉄道にとって最も環境に優しい選択肢の1つです。 他の2つの選択肢は電池と水素電力です。

そしてそれは単にプロモーションスタントですか、それとも東急が正しい方向に進んでいますか?

小学院大学の教授であり、電気鉄道システムの専門家である高貴は、電車技術の発展の仕方が複雑で不確実な多くの社会的要因に依存するため、答えは簡単ではないと考えています。

要するに、東急の努力は確かに傷つきにくく、おそらく何もしないよりも良いでしょう。 これは会社がクリーンエネルギーの促進に挑戦していることを示していると彼は言った。

高木は「しかし、私はそれが素晴らしいと賞賛するために努力しません」と言った。

農村地域のディーゼル列車から水素動力線で、ガスを多く使用する自動車から電気自動車に切り替えると、より大きな利益があると彼は言いました。

Tokyuは、日本が石炭やその他の化石燃料を使用し続けているにもかかわらず、再生可能エネルギーの使用を保証する認証のために、2011年に福島原発事故の背後電力会社である東京電機電力株式会社に非公開金額を支払いました。

スクランブル交差点から徒歩数分のところにある東急本社の吉島北野副局長は、「目標達成ではなくスタートだと思います」と話しました。

これらの措置は、世界6位の炭素排出国である日本が2050年まで炭素中立国になるという目標を達成するために非常に重要です。

東京に拠点を置く独立非営利研究機関である持続可能なエネルギー政策研究所(Institute for Sustainable Energy Policies)によると、日本の電力の約20%だけが再生可能エネルギー源から出ています。

たとえば、使用される電力の84%が、再生可能エネルギー源からのニュージーランドと比較してはるかに遅れています。 ニュージーランドは、2035年までにこれを100%達成することを望んでいます。

電気を供給し、エネルギーソーシングを追跡するユーティリティである東京電気電力株式会社によると、東急列車を駆動する再生可能資源には、水力、地熱、風力、太陽熱が含まれています。

東急には通勤する「サラリーマン」と「サラリーマン」と制服を着た学生を含め、1日に220万人が利用する100km(64マイル)以上の鉄道があります。

福島原発事故後、大規模地震による津波で、3つの原子炉がメルトダウンに陥った時、日本はほとんどの原子力発電所を閉鎖し、石炭火力発電所の使用を拡大しました。

国家は、2030年までに全エネルギーの使用を減らすと同時に、エネルギーの36%-38%を再生可能資源から得ることを目指しています。

Tokyu Railwaysは、ポスターとYouTubeクリップでその努力を伝えるよう努めました。

ところがネクタイを作って財布に変えた自分の会社を経営する八木龍一は、自分が「グリーントレイン」に乗っているという事実に驚いた表情を作った。

「私は全く知らなかった」と彼は言った。

八木は日本の「クールビズ」運動のために事業を変えた。 暑い夏にはエアコンを最小限に抑え、省エネのために男性のオフィススタッフにオープンネック半袖シャツを着ることをお勧めします。

ある意味、彼は「私は非常に環境にやさしい生活を送っている」と述べた。

READ  NASA悲哀の注:最初の火星のサンプルが失敗した理由、Boeing Starliner発射無期限延期

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close