日本の久峰、3人中特別マスターズ招待受諾

Estimated read time 1 min read

日本のリョヒサツネ、デンマークのトルビヨンオレッセン、チリのホアキン・ニーマンは、2024年マスターズに出場するための特別招待を受け入れたとゴルフメジャー会長が水曜日明らかにしました。

昨年ヨーロッパツアー今年の新人賞を受賞した日本人初の久哉は今年4月オーガスタナショナルでデビューする。

21歳の選手は木曜日から米国で開かれるPGAツアーメキシコオープンが開かれる競技場で「私が一番プレイしたかった大会だ」と話した。 「本当に栄光だ。ときめきを禁じられない」

久々根は2023年ヨーロッパシーズンでの活躍でPGAツアーメンバーシップも獲得しました。

マスターズとオーガスタのナショナルゴルフクラブの会長であるフレッド・リドリー(Fred Ridley)は、「マスターズトーナメントは、資格のない主要な国際選手を招待する長い伝統を持っています」と述べました。

「今日の発表は、世界中でゴルフゲームに関心を集めるためのトーナメントの継続的な努力を表しています。

READ  FOCUS:現在、世界4位の経済局である日本は、低成長を逆転させるための急な道を歩いています。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours