スポーツ

日本の予防接種の不確実性、オリンピックに疑問提起| スポーツ

東京 – 日本はこの夏に延期されたオリンピックを開催することを公に断固ます。 しかし、これを解決するために、多くの人々はコロナウイルスの1億2千7百万市民の予防接種が重要だと考えています。

それは最高の状況で大きな仕事であり、過度に慎重な意思決定プロセスは、官僚の障害と長いワクチンを深く警戒してきた大衆のために複雑になりました。

日本は2月末にCOVID-19の予防接種を開始することを希望するが、ワクチンの信頼性が世界最低水準である国が7月のゲームのために140億ドル規模の大規模なプロジェクトを推進することができているという不確実性が大きくなっており、東京オリンピックが起こることがあります。

日本は、すべての市民のためのワクチンを確保しており、一部は外国の製薬会社であるファイザー、アストラゼネカ、モド出の契約を締結した後、ワクチンを確保しました。 クイック措置は、1年ぶりにゲームを準備するという決意の証拠であると考えています。 パンデミックのため延期した。

国内開発は初期段階に過ぎないため、外国産のワクチンが必要である。

シュガー義久に首相は今週の演説でワクチンが感染症との戦いで「決定」と話した保健の最初の申請者であるファイザーワクチンの承認が予想される2月末から予防接種を開始すると約束した。 。

シュガーはワクチン懐疑者の懸念を解消するために、「副作用と有効性を含む科学的発見をベースにした正確な情報」を提供すると約束した。

現在の計画によると、予防接種は一線医療関係者10,000人から開始されます。 それでは高齢者、基礎疾患のある人、介護者などのハイリスクグループよりも約3万人の他の医療従事者が追加されます。 残りの人口は、5月またはそれ以降にアクセスすることができると予想されるが、公務員は正確な日程を明らかにありません。

日本は部分的に緊急事態に直面しており、感染の急増に困難を経験しています。 保健省によると、約351,000件の事例があった4,800人が死亡しました。

多くの人が予防接種の努力に懐疑的です。 部分的には、ワクチンの副作用がここに頻繁に発生したためです。 TBSテレビの最近の調査によると、回答者の48%だけがCOVID-19の予防接種をしたいと答えました。 9月に発表された149カ国のLancet研究で、日本ではワクチンの安全性、重要性と効果に同意する人の25%未満でワクチン信頼性が最も低かった。

川崎医科大学教授であり、ワクチンの専門家である中野隆博士は、多くの日本人がワクチンについて漠然とした不安感を持っていると言いました。 「接種後(音声)何かが発生した場合、人々は、それがワクチンだと考える傾向があり、それが長い間心の中に残っているイメージです。 “

日本でワクチン不信の歴史は、誤ったジフテリアワクチンを迎えた後、数十人の赤ん坊が死亡した1948年にさかのぼります。 1989年にはしか、おたふく風邪、風疹やMMRの統合予防接種を受けた小児の無菌性髄膜炎の事例は、政府に対する訴訟を触発させ、4年後、混合物を廃棄しなければしました。

1992年、裁判所の判決は、政府が、複数のワクチンに関する副作用について責任を負うと同時に疑われる副作用を、副作用として定義したが、十分な科学的証拠がないと専門家たちは言います。 ポリシーの大きな変化で、日本は、1994年の予防接種法を改正して義務接種を廃止しました。

複数の日本企業と研究機関が現在、独自のコロナウイルスワクチンを開発している間Takeda Pharmaceutical Co.はModernaワクチンを配布し、日本でNovavaxワクチンを生産することです。

Takedaの日本のワクチン部門の職人Masayuki Imagawaは彼の会社が昨年、独自のワクチン開発を検討したと述べた。 しかし、代わりに速度を優先することを決定しModerna製品を輸入して、日本のTakeda工場でNovavaxワクチンを作ることに決めました。 彼の決定がオリンピックの影響を受けなかったと述べた。

専門家はまた、地方都市や都市との5つの政府省庁を含む大規模な予防接種プロジェクトを準備するためにあり、物流の問題と官僚の障害にぶつかっことを心配します。 政府は、ワクチンプロジェクトに1兆5千億円(140億ドル)を超える予算を策定しました。

数千人の医療関係者が動員され、問題発生時の注射を打たれ、監視して対応します。 病院がすでにCOVID-19患者の治療に負担を感じている状況で、助けを確保することは難しいと東京墨田地域で275,000人の住民のための予防接種を準備することを引き受けた岩瀬仁公務員は言った。

ワクチンは、ゲームの達成の中核であると考えますが、シュガー首相はワクチンを必要としないと述べた。

シュガーは木曜日、野党議員がウイルス対策に集中するために試合を追加延期またはキャンセルするように要求に応答して、「私たちは、予防接種を前提せずに安全なオリンピックを準備する」と述べた。

ワクチンの安全性と有効性の不確実性は、日本が流行を制御することができるコロナウイルスに対する十分な免疫力をいつ確保できるかどうかを予測しにくくなります。

その他の佐藤生命科学研究所の教授である中山哲夫博士は「オリンピック開催のために、予防接種を強要するのは不適切である」と述べた。 「ワクチンは、オリンピックを達成するためにではなく、国民の健康を保護するために使用します。」

READ  ウィザーズに加入した「劇薬」ラッセル・ウェストブルックは、チームの悪文化を変えることができるか - バスケットカウント| Basket Count

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close