経済

日本の予防接種を受けていない青少年がコロナウイルス感染記録を運転します。

日本は完全に予防接種を受けていない子どもや青少年の感染率が急増するにつれて、感染症の開始以来最大のコロナウイルス発生を抑制するために苦労しています。

伝染性の高いBA.5オミクロンサブバリアントの拡散により、東京と日本全域の都市で先週初めて230,000人を超え、記録的な毎日のCovid事例が発生しました。

20歳未満の新規感染者は7月の新規感染の約30%を占め、昨年8月の19%に比べて大きく増えた。 30歳未満の人々は、全新規事例の約半分を占めました。

世界保健機関(WHO)によると、7月18日から24日までアジア太平洋地域で日本が最も多くの新規事例を報告し、韓国とオーストラリアがその後を継いだ。

日本の低予防接種率は、高齢者が残りの人口より遅れている東アジアの多くの地域とは対照的です。

日本政府は、日本全人口のほぼ3分の1を占める65歳以上のほとんどの市民にワクチン接種を成功裏に終えました。

インタラクティブグラフィックのスナップショットが表示されます。 これはオフラインであるか、ブラウザでJavaScriptが無効になっているためです。

4番目のジャブが高齢者に配布されている間、子供と青少年のための予防接種ははるかに遅くなり、12歳から19歳の約33%が三重予防接種を受けました。

5歳から11歳の子供のための予防接種プログラムは2月に始まり、その年齢の約17%だけが2回接種されました。 政府はこのグループに対する3次接種を承認しなかったため、二重予防接種を受けた人々が3次予防接種を受けた人より感染リスクが高いという研究結果が出た後、専門家の間で懸念を呼び起こしています。

「最も大きな要因は [for the increase in cases] 鹿児島大学の伝染病専門家である西純一郎(Nishi Junichiro Nishi)は、「子供のための接種の進行速度が遅い」と話した。 「今は拡散を防ぐには遅すぎるようですが、長期的に見れば5歳から11歳の間に3次接種が必要になるでしょう。」

Nishiは、若者のためのワクチン接種プログラムの遅い施行に加えて、コロナウイルス症例の急激な増加は、感染症の最初の波で感染した比較的少ない日本人によると述べた。 日本では、人口の10%未満がコビッドに感染しており、米国は約30%、英国は34%です。

保健省に諮問を提供する専門家パネルの議長である国立感染病研究所の脇田高司所長は「記録的な数値が全国的に続くと予想する」と述べた。

インタラクティブグラフィックのスナップショットが表示されます。 これはオフラインであるか、ブラウザでJavaScriptが無効になっているためです。

ウイルスはまだ多くの人々がマスクを着用し、店に入る前に手を消毒するアジア最大の先進経済における人々の日常生活に影響を与えます。

急増する事例にもかかわらず、政府は以前の波のように社会と経済活動に制限を課していない。 高齢者も大きく増えたが、コロナによる死亡者と重症患者が少なかったためだ。

日本のコロナ19致死率は0.3%で米国は1.1%、英国は0.8%だ。 ジョーンズホプキンス大学のデータ

READ  日本経済、第1四半期の5.1%萎縮| 西部支持者

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close