スポーツ

日本の五輪代表がIOAに手紙を送り、東京オリンピックが予定通り行われるだろうと確信してい| 東京オリンピックニュース

ニューデリー:山下泰弘日本のオリンピック委員長が7月23日から8月8日までに予定され、東京オリンピックのキャンセルについての報告を却下しながら、インドオリンピック協会長であるナリンよりバトラを含むすべての国のオリンピック委員会(NOC)委員長への手紙を書いた。 今年はオリンピック組織委員会(OC)が「前例のない人間の連帯のシンボル “を示して成功板を提供することを全世界NOCメンバーに安心させることもあります。
山下は東京OCが主催NOCとして私たちを安心させることができる細心かつ包括的な対応策を準備しながら、すべての上に選手を配置していると述べた。 「いくつかの皆さん(NOCメンバー)は、1月7日、日本での緊急事態が再び宣言されたことを知っておられます。日本の状況を心配することを理解します。これにより、現在の状況が改善されると期待しています。日本のの緊急事態は、いわゆる封鎖とは異なることを指摘してください。私たちは皆出て行くことはできますが、 “物理的距離を維持します。」山下は「今この瞬間、世界の多くの選手が熱心に訓練していると思います。 新年からサッカーやラグビーの試合のような国内のスポーツ競技が国立競技場で十分な感染制御対策を講じて開かれました。」IOAの通信
「オリンピックまでの6ヶ月残ったので準備が進んでいる。計画された感染制御対策は、12月に報告される。最も効果的な措置を完了するためには、利害関係者とのコミュニケーションがより重要である。必要に応じて、東京2020のNOCサービスチームは、移民手順を含むNOC運営を支援するためにあなたを大事にしてください。東京2020組織委員会は、主催者NOCとして私たちを安心させることができる細心かつ包括的な対応策を準備しながら、すべての上に選手を配置しています。東京2020オリンピックを開催して200人以上を歓迎します。代表団を含むNOCはNOCのすべての協力と連帯なしに困難になります。すべてのNOCとの間の接続は必須であり、オリンピックを通じて世界に力を伝えることができる最高の機会だと思います。すべてののための安全なオリンピックのために参加者の皆さんには、過去とは異なる様々な制約や条件があるでしょう。Cは指示に従い、開催国としての責任を果たすことです。」
「日本の世論調査をベースにしたニュース報道で見たように非常事態宣言に基づいて、様々な声があるのは当然です。一方、全世界の選手たちから多くの支持の声を受けています。これらの強烈な言葉を聞いて嬉しく感謝します。また、多くの日本の選手が大会に自信を示しています。JOCはIOCと緊密に協力して、彼らの声を聞いて、私たちの社会に知らせる責任を負うことです。他の選手たちの不安を解消するために役立つと考えている。東京2020オリンピックは置き換えることができないオリンピック運動の価値を世界に伝えることができるチャンスです。この危機を克服し、今年の夏、世界が集まれば、前例のないシンボルになるでしょう。人間の連帯」とYamashitaは結論に達しまし。
これに対する応答としてBatraはIOAと国のスポーツ当局が今回の7月に、強力でよく準備され、インド派遣隊を東京に連れて来るために、積極的に準備している書いている。 「私たちは、今回の夏季オリンピックが、以前のバージョンと異なることを理解しており、IOAは、同じ情報が様々な国のスポーツ連盟に伝達されるように実施されている手順については、制限および条件を知りたいです。私たちが私たちを保証するに役立つでしょう。選手たちと役員は、東京に到着する前にの手順に精通しています。 ”
READ  レッドブルF1の代表 "ニコ・ヒュルケンベルグは真剣な候補ではなかった」[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close