日本の井上、スーパーバンタム級タイトル防衛のためにネリー制圧 – スポーツトゥデイ

Estimated read time 1 min read

東京:日本の確かなスーパーバンタム級世界チャンピオンの井上直也が、月曜日に東京ドームで行われた6ラウンドでメキシコのルイス・ネリーを防ぎ、タイトルを守りました。

45,000席を超える有名なスタジアムのファンは、ネリーが1ラウンドで巨大な左手で無敗の「モンスター」を床に打ったときにびっくりしました。

しかし、Inoueは立ち上がり、次のラウンドで彼のメキシコの対戦相手を倒した。

「彼を倒したのは本当に気持ちいいことでしたが、1ラウンドでその驚きはどうですか?」 31歳の井上が言った。

「ボクサーとしてそのようなことが起こると、気分が良くなります。 それは私に多くのエネルギーを与えました。」

武井、東京でモロニーを破ってバンタム級世界タイトルを獲得

これは1990年2月42勝1敗の弱者ジェームズ「バスター」ダグラスが無敗ヘビー級チャンピオンマイクタイソンを倒した後、東京ドームで開かれた最初のボクシングイベントでした。

井上には「34年ぶりに東京ドームで開かれるボクシングのメインイベント負担が大きかったが力になった」と話した。

Inoueはノックアウトで24勝を収め、27-0で自分の記録を立てました。

これは去る12月確かなスーパーバンタム級世界チャンピオンになって以来、彼の初戦だった。

彼は2004年4ベルト時代が始まって以来、2つの異なる体級で確かな世界チャンピオンになった2番目の選手です。 アメリカのTerence Crawfordが最初の選手です。

東京ドームのファンたちは31歳の彼が世界選手権ベルト4本をすべて手に握り、洞窟のような競技場に入ると熱狂的な歓迎を受けました。

Neryが巨大な左手でチャンピオンをずっと伸ばして送ったとき、カードに大きな怒りがあるようだった。

しかし、それはInoueに活力を吹き込むようで、彼は2回目のラウンドでNeryを倒すために彼のコーナーから飛びました。

井上には引き続き猛烈な打撃を加え、5ラウンドにもレフトフックで相手を再びキャンバスに送り出した。

第6ラウンドで井上がネリーを3回倒した後、審判は試合を中止した。

前2部リーグ世界チャンピオンだったネリーは2018年バンタム級世界タイトルを奪われて以来初めて日本で試合を繰り広げました。

その後、彼は日本での戦いが禁止されていましたが、日本のボクシング委員会は彼に井上と競争する許可を与えました。

ネリーは東京ドームの観客に紹介されると野遊を受けました。

29歳のこの選手の記録は35勝2敗、27KOに落ちました。

井上にはスーパーバンタム級で昨年、米国のスティーブン・フルトンとマロン・タパレス(フィリピン)を破ってタイトルを制覇した後、3番目にスーパーバンタム級で試合を繰り広げた。

彼は1972年にパナマのエンリケ・フィンダー以来、最初の確実なバンタム級世界チャンピオンになった後、体級から上がりました。

READ  ハイチの - 日本のテニス界のスターナオミ大阪、オーストラリアオープンSFでセリーナ・ウィリアムズを破る
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours