スポーツ

日本の井上に出てくる新しい「ポンドフォーポンド」ボクシングキング:リング

東京 – 3つのボクシンググループの単一の世界バンタム級チャンピオンであるNaoya Inoueは、金曜日のすべてのクラスで世界最高のボクサーの「ポンドごとのポンド」ランキングで1位を宣言しました。 このリストは、アメリカで最も権威のあるボクシング雑誌として広く知られているThe Ringによって発行されています。

火曜日、日本のボクサーはフィリピンのNonito Donaireに対して2ラウンドのテクニックノックアウトゲームで勝利し、絶賛され、Inoueはすべてのレベルで世界最高のボクサータイトルを獲得しました。

「モンスター」というニックネームを持った29歳の井上(29)は、声明を通じて「私が積み重ねてきたすべてのことについてこのように認められるのは、ボクシング選手として栄光だ。

リングマガジンは順位を発表し、井上が「日本人初の神話的な順位に上がる記録を立てた」と称賛した。

PFP(ポンドフォーポンド)は、体給がないという仮定の下で最高のボクサーを決定することを目指す概念です。 ヨーロッパとアメリカのメディアが独自のPFPランキングを発表したのに対し、1922年に創刊されたRing Magazineが発表したリストは、ファンやスポーツ関係者から高い評価を受けています。

歴史上、2人の6体級チャンピオンの一人であるフィリピンのマニー・パッキアオ(Manny Pacquiao)は、雑誌で1位を獲得した選手の一人です。

READ  ミカエル・キングスベリー(Mikaël Kingsbury)がスウェーデンで67回目のワールドカップ優勝

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close