理科

日本の京都大学、スーパーコンピュータの欠陥による研究データ77TBの損失

障害のあるバックアップメカニズムにより、システムから14の研究グループの3,400万ファイルとバックアップファイルが削除されました。 大学は、影響を受けた4つのグループの仕事をもはや復元できないことを発見しました。

(写真提供=ロイター通信)

ハイライト

  • 失われた仕事の種類についての詳細はありませんが、スーパーコンピュータの研究は高価です。
  • 追加の損失を防ぐために、バックアップ手順を当分中断します。
  • 機関はバックアップシステムを廃棄し、2022年1月に再導入する前にアップグレードすることを目指しています。

日本の京都大学は、ヒューレットパッカードスーパーコンピュータのバックアップメカニズムの問題により、約77TBの研究データを失いました。 2021年12月14日から16日の間に発生したイベントで、14の研究グループの3400万個のファイルとバックアップファイルがシステムから削除された。

損失の影響を調べた結果、大学は被害を受けた4つのグループの作業をもはや回復できないことを発見しました。 影響を受けたユーザーは、レポートに従って電子メールで失われたデータについて通知しました。

Bleeping Computerによると、失われた作業の種類に関する詳細はありませんが、スーパーコンピュータの研究には1時間あたり数百ドルがかかります。 京都は日本で最も重要な研究機関の一つであり、国家補助金として2番目に大きな科学研究投資を受けています。

追加の損失を防ぐために、バックアップ手順を当分中断します。 機関はまた、バックアップシステムを廃棄し、2022年1月に再導入する前にアップグレードすることを目指しています。 また、大学はバックアップミラーを完了するために最後のバックアップ以降に変更されたファイルを含む増分バックアップを保存することを目指しています。

京都は世界4位の化学分野で注目すべき研究と科学的卓越性で有名です。 大学はまた生物学、薬理学、免疫学、材料科学および物理学に貢献する。

日本は現在、神戸のリケンセンター for Computational Science が運営する Fugaku として知られる世界で最も強力なスーパーコンピュータを保有しています。 富士通のFugakuエクサスケールシステムは442PFLOPSの演算性能を持っており、IBMのスーパーコンピュータであるSummit(Summit)に続き、148PFLOPSではるかに低いレベルで世界リストで2位を記録しています。 Fugakuは12億ドルで建設され、これまでCOVID-19の研究、診断、医薬品、ウイルス伝播シミュレーションに使用されてきました。

コロナウイルス感染症のIndiaToday.inの完全な内容を見るにはここをクリック

READ  建設現場用「アバターシステム」の共同開発を開始 - 建設現場のテレワークの実現 - | 芝浦工業大学

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close